« 後楽園ホール・2月8日 | トップページ | 後楽園ホール・2月14日 »

2019年2月12日 (火)

1年経つと……。

 

C4542d4355864577baaa6b9ba163d626

“MS・イグルー”

 

“ガンダム”シリーズの中の最新作で3DCGが駆使されてるんだわ。

 

“ガンダム・シリーズ”は連邦とジオンのどちらの立場から見るかで違ってきて、

必ずしも連邦やアムロ、ガンダムが主人公でもないし、

同じようにシャーやザク、ジオンの方が正義っていう訳でもないんだよね。

 

宇宙空間における果てしない資源を思いやる時、

連邦としてはスペースノイドの独立は認めがたいものだし、

ザビ家がダイクンを謀殺したことでジオンが一気に先鋭化して、

戦争に至ってしまったのはある意味自然の流れなのかも知れないんだよね。

 

シャーはスペースノイドとして連邦に基本的な反感を抱きながらも一方では、

ダイクンの子としてザビ家に対する復讐心を拭えない複雑な背景を有してて、

そういう複雑な背景と現実の戦争とをリンクさせて見ると中々面白いんだわ。

 

今回のこの“MS イグルー”は主役の座をアムロやシャーから奪って、

第1部では戦争を裏から支える開発兵器の技術試験の現場が、

ジオンサイドから描かれて、第2部以降はヨーロッパ戦線における連邦の

地上防衛軍の優秀な戦闘員達の死が個々に描かれてて、

量産型のガンダムとかガンタンクとかは登場するんだけど、

アムロ・ガンダムは最後まで全く出て来なかったんだけどそれでも、

今までのシリーズとは視点が変わってて中々興味深かったんだわ。

 

 

 

 

少し前に最近見かけなくなったボクサー達のことを書いたけど、

思い立って今年1月のランキング表を去年のそれとを比較してみたんだわ。

 

去年1月のランキング表は今とは違って15位までしか記載が無いんだけど、

それなりに実にスッキリしてるんだよね。

 

 

今日は去年の1月には名前があったんだけど、

今年1月にはその名前が消えてるボクサー達ってことで………。

 

世界チャンプでは比嘉大吾さんと尾川堅一さん、

(尾川さんは元世界王者っていう変わった記載にはなってるけどね。)

OPBFチャンプでは秋山泰幸さんの名前が消えてるんだよね。

 

日本ランカー達では大平剛さん、塚田直之さん、長嶺克則さん、松山真虎さん、

堀陽太さん、戸部洋平さん、今川未来さん、村中優さん、中嶋孝文さん、

佐々木洵樹さん、天笠尚さん、石川元希さん、坂本大輔さん、稲垣孝さん、

佐藤矩彰さん、成田永生さん、太尊康輔さん………。

 

 

この中で行き合えば挨拶や言葉を交わしてたボクサーは13人いたんだけど、

全部で21名のうち捲土重来を期してるボクサーは6名ほどしかいなくて、

残り15名は自らの役目を終えたって自覚したか、

健康面で致し方なくっていう形のリタイアメントなんだよね。

 

ボクサーがいつどういう形で引退を決めるかは分からないから、      

一つ一つの試合を大事に見なければいけないってつくづく思ったんだわ。

 

 

 

 

岡田博喜さんがベルトランに負けたっていうのは昨日の午前10時頃、

現地からの連絡で知ったんだけど、

映像を見た訳ではないから滅多なことは言えないんだけどそれでも、

2Rにダウンを喰らったのを8Rまでにシッカリ戻してのイーブンってことで、

次の9Rのやり取りの中で被弾してのエンディングだったんだけど、

そういう瞬間の当てた当てられたっていうのは、

一瞬の運不運が絡んでのことであってだから、

岡田さんは十分立て直せるんじゃないかって今は思ってるんだけどね。

 

 

« 後楽園ホール・2月8日 | トップページ | 後楽園ホール・2月14日 »