« 12月のベストボクシング | トップページ | 助け合い……。 »

2019年1月 9日 (水)

2018年度年間ベストボクシング

 

D4d6adffbb3a47e9971c05f47908596b

“キープ・ミー・ハンギング・オン”

 

“バニラ・ファッジ” 唯一のヒット曲なんだけど、

この後のハードロックの源流になったとも言える曲とバンドで、

引きずるような重々しいリズムに特徴があったんだわ。

 

 

 

 

結局、去年の現場ボクシング観戦は合計82回しかなくて、

その前年までの90回台から減ってしまったんだけど、

それは夏場に裁判沙汰に絡んで業界に嫌気を差しての観戦拒否によるもので、

今思い出してもムカつく事この上ないんだわ。

 

その後ファイトマネーの支払いや移籍に関する問題は、

一応の解決をみつつあるとは言え、

その改革はまだまだごく表層部分に限られていて、

ある意味ではジム間格差は更に拡がり、それが固定化しつつあって、

業界の暗部に巣食う連中はヘドロのように声を身を潜めたままであって、

今や富士山以西のボクシングは自分にとっては無いものに等しくて、

残念ながら首都圏でも観戦拒否の試合が増えるばかりなんだよね。

 

 

そんな中でのベストボクシングって言っても大いに限界がある訳で、

だから以下はあくまでも自分の中だけのことで………。

 

 

 

 

《2018年のベスト25ボクシング》

*左側が勝者、敬称略。

 

① ドニー・ニエテスvs井岡一翔………2−1

② 拳四朗vsミラン・メリンド………7RKO

③ 井上尚弥vsファン・カルロス・パヤノ………1RKO

④ 竹迫司登vs西田光………1RKO

⑤ 伊藤雅雪vsクリストファー・ディアス………3−0

⑥ 比嘉大吾vsモイヤス・フエンテス………1RKO

⑦ 田中恒成vs木村翔………2−0

⑧ 京口紘人vsヘッキー・ブドラー………10RKO

⑨ 清水聡vs上原拓哉………3RKO

⑩ クドゥラ・金子vs有川稔男………3RKO

⑪ 細川バレンタインvsデスティノ・ジャパン………7RKO

⑫ 三代大訓vs正木修也………3−0

⑬ 京口紘人vsチボ・モナベサ………4RKO

⑭ 源大輝vs大橋建典………7RKO

⑮ 木村隼人vs高野誠三………8RKO

⑯ 佐川遼vs松本亮………3RKO

⑰ 久我勇作vs小坂遼………1RKO

⑱ 竹迫司登vs佐々木左之介………2RKO

⑲ 内藤律樹vsジェフリー・アリエンザ………9RKO

⑳ 小浦翼vs冨田大樹………3−0

㉑ 船井龍一vsビクター・オリボ………2RKO

㉒ 平岡アンディvs吉開右京………3RKO

㉓ 齋藤裕太vs菊池永太………2RKO

㉔ 中谷潤人vsジェロニエル・ボレス………1RKO 

㉕ 大保龍斗vs中山祐太………7RKO

 

 

« 12月のベストボクシング | トップページ | 助け合い……。 »