« 2018年度年間ベストボクシング | トップページ | 1月のボクシング »

2019年1月10日 (木)

助け合い……。

 

A699fbcfe5914f68999ff7ef5b277eed

“宮根誠司ではなくて………。”

 

 

 

去年の暮れ、池袋駅の近くの喫煙スペースで煙草を吸ってたら、

募金箱を抱えた青年が寄って来て「お幾らでも……。」って言ってきたもんで、

そもそもあんたの団体の事は全く知らないし、

集めた金が何処へどう使われるのか今一信用しかねるからって断ったら、

その青年がやたら熱を込めて議論系で詰め寄って来たもんで、

そういう相手は最も得意なもんで言葉でフルボッコにしてやったんだわ。

(話しながら思い出したのはズーッと以前の高田馬場駅前での一件で、

白装束のオームの連中10人ばかりとやり合ったっけなあ……。)

 

 

 

毎年暮れになると様々な助け合い団体が其々募金集めに奔走してて、

赤十字や放送局系から始まって、社会鍋やら宗教系まで総動員で、

新規のNPOも参入して、ちょっと訳が分からなくなりつつあるんだわ。

 

そもそもそういう連中の中には他人の金に頼るだけ頼って、

陰でネコババしてるのがいるんじゃないかっていう疑いも拭い切れなくて、

全額ではないにしろ自らの報酬を抜き取ってるケースも有りそうだし、

元々心清い発想の下で始めたのなら、

働いて得た自らの報酬を差し出せばいいっていう思いも強いんだよね。

 

東北震災の際にもある悪徳NPO法人が集めた多額の金を私的利用してたし、

以前見かけた駅頭での念仏を唱えながらの托鉢活動は、

実は暴力団が裏で支えてて托鉢僧もかき集めたホームレスだったって、

ネタバレしてしまったからもう見かけることは無くなったんだけど、

ことほど左様に助け合いに協力するのは結構難しいものなんだわ。

 

 

 

実は今回、自分も腹立たしい目に遭わされてしまって、

それが冒頭の写真にあるように福島電力破綻事件なんだわ。

 

電力事業の自由化に伴って契約会社の選択の幅が拡がったと同時に、

自分は東北震災で困窮してる地元企業を応援してやろうと思い立って、

それまでの東京電力から福島電力に契約を切り替えたんだけど、

この福島電力が稀に見るほどのデタラメな会社で、

僅か1年ほどで破綻してしまったんだわ。

 

殆どの公共料金は自動引き落としにしてるんだけど、

この電気代だけは当分コンビニ払いにしてたんだけど、

去年11月頃に福島電力から手紙が届いて、

料金の未払い分があるから支払えって管財人からの連絡で、

よく調べてみたら元々相手側の未請求だったのが判明したし、

2月分を7月に請求してみたり、収納会社が2社あったもんで、

二重請求さえも発見されて、もうデタラメの限りだったんだわ。

 

 

色々差し引きしてもまだ17,000円ほどが未払いだっていうから、

こんな会社とは1日も早く縁を切りたいからすぐ請求書を送れって、

そう伝えてから1ヶ月以上も放置して忘れた頃の昨日やっと請求書が届いて、

20日までに支払えってエライ短気な請求に呆れたんだけど、

20日は日曜日ってことで、そういう期限は普通はあり得なくて、

もう何から何まで破綻してしまうのが当然のような振る舞いなんだわ。

 

その上全く臆面もなく以降は〇〇〇〇経由にしてくれてって、

まるで聞いたこともないような会社を指名して来て、

勿論速攻東京電力に戻したんだよね。

 

 

改めて冒頭の写真を見直してみれば当時の社長、

如何にもいい加減そうな目付きをした面をしてるんだわ。

 

 

« 2018年度年間ベストボクシング | トップページ | 1月のボクシング »