« 2018年12月 | トップページ

2019年1月

2019年1月18日 (金)

橋………。

 

9ebbd0797736414f8d8e8de18b24140e

“レイジェス”

 

 

 

 

都内の鉄道の駅で“橋”が付く駅を探してみようって突然思い立って、

路線図を眺めてみたらざっと見渡しても20ヶ所もあったんだわ。

 

新橋、水道橋、飯田橋、浅草橋、日本橋、京橋、本所吾妻橋、業平橋、

江戸川橋、面影橋、曙橋、赤羽橋、竹橋、板橋、池尻大橋、参宮橋、

中村橋、代田橋、千歳船橋、中野新橋………。

このうち自分が下車したことのある駅は11ヶ所だったね。

 

 

 

昨日は池袋に行った帰りに有楽町線で4個目、

南北線だと後楽園駅の隣の飯田橋駅から1分の帝拳ジムに寄ったんだわ。

 

アポも取らないままの突然の訪問だったんだけど、

いつものように長野マネが何しに来たの?って感じで迎えてくれて、

2時間ほどを楽しく興味深く過ごすことが出来たんだよね。

 

 

本田会長は18日のリナレスの試合もあってアメリカ出張だったんだけど、

浜田代表とか田中トレ、カルロストレ、大和トレ達と挨拶を交わして、

末吉大さん、永野祐樹さん、辻本純兵さん、

それに村田諒太さん達ともコンチワして、

復帰戦を間近にしてる尾川堅一さんのマスを見せて貰ったんだわ。

 

波田大和君と中野幹士君との計7Rだったんだけど中々興味深くて、

終了後尾川さんにポジショニングのことを色々聞かせて貰ったんだよね。

 

 

 

長野さんはこの業界における女傑というか正しく生き字引なんだけど、

昔の事ばかりでなく最近の他ジムボクサーの試合のことや、

業界の動向に関してもとっても敏感なんだよね。

 

 

色々話を聞かせて頂いてそろそろおいとましようかってところで、

冒頭写真のレイジェスを戴いたんだわ。

 

このグローブは12月30日のトリプル世界戦でのリザーブだったもので、

あの日4人はウィニングを使ってて伊藤雅雪さんはエバーラストだったから、

多分これは伊藤さんの相手だったチュプラコフのリザーブ・グローブで、

いきなりついに憧れのレイジェスの新品をゲットしたんだわ。

 

 

2019年1月17日 (木)

どうしてるかなあ……?

 

B46b41ba572e4595b14d1a0f909c0dbd

「彼は今頃どうしてるの……?」

 

 

 

内山高志さんとか山中慎介さんっていう巨星を失って、

河野公平さんや亀海喜寛さんも姿を消して、

その他固有の諸事情も色々絡んできてここのところ、

業界が一気に冷え込んで来たような印象を自分は持ってるんだよね。

 

 

だからこそ今、八重樫東さんとか田口良一さん、小國以載さん、木村翔さん、

比嘉大吾さん、ホルヘ・リナレスや尾川堅一さん,

岩佐亮佑さんや和氣慎吾さん、村田諒太さん、粟生隆寛さん達の復権が、

強く望まれるんだよね。

 

あと岡田博喜さんや小原佳太さん、黒田雅之さん、

それに近藤明広さん達の世界挑戦にも希望を持ちたいし、

粉川拓也さんを含めた角海老ジムへの移籍組の活躍も注目なんだわ。

 

ただ、一度なりとも名と効を挙げたボクサーの復帰路線を敷くのは、

周囲が思うほど簡単ではなくて、マッチメイクの妙が全てなんだよね。

 

 

 

そんな中今後の飛躍が大きく期待されるのは中谷潤人さん、竹迫司登さん、

清水聡さん、阿部麗也さん、クドゥラ金子さんや山内涼太さん達なんだよね。

 

 

 

彼らの今年の活躍も楽しみにしてるんだけど、

一方ではもうリングで姿を見ることが出来なくなったボクサーも多くて、

竹迫司登さんに粉砕されてしまった西田光さんは諦め易かったんだけど、

高見良祐さんと長嶺克則さんのケガ引退の件は残念至極の筆頭で二人共、

日本タイトルには十分手が届くようなボクサーだったもんで、

志半分どころか3分の1か4分の1のところでリタイアせざるを得なかった

彼らの心中は如何ばかりかと思ったし、

ジム側の落胆も半端じゃなかっただろうって推測したんだよね。

 

 

彼らの他、最近試合をしてないボクサー達も気になってて、

佐々木洵樹君と白鳥大珠君は他の格闘技へ転身したって聞いてて、

個別に引退を報告してくれたボクサー達のことも納得してるんだけど、

例えば市村蓮司君とか玉木善文君、エロフェロス・ベガ君、小山拓見君、

伊藤和也君、濱田力君、大久保大騎君、石田凌太君、喜久里正平君、

新島聖人君、林和希君、原隆二さん、渡邊義友君、山元浩嗣君、林徹磨君、

石川元希君、長井一君、本間愛登君、ジェームス村重君、

細野悟さん、斉藤幸伸丸さん、濱名潤君、ポンポンタ君、蔦野哲平君、

堀陽太さん、益田健太郎さん達は今どうしてる?ってことで、

最近は他のジムの興行で見掛ける山口隼人君とか、

高津徳臣君とか清田祐三さんや村中優君はあのままなのかってことで……。

 

 

 

衆知の如くプロボクサーの現役寿命は実にとっても短くて、

そのことが他のプロスポーツ界と比較して、

選手会組織を作りにくくしてる最大の要因なんだけど、

例えば5年前、帝拳ジムには36名のプロボクサーが在籍してたんだけど、

その時の名簿の中で今でも現役なのは僅か5名だけだし、

ワタナベジムも59名のうち残ってるには13名だけで、

角海老ジムも55名のうち今でも現役なのは10名だけなんだよね。

 

 

引退したボクサー達の第2第3の人生は如何ばかりかと思う訳で、

トレーナーとしてボクシングに関わり続けてる人もいるにはいるんだけど、

殆どは従来の仕事を本業化したり、新しい仕事に就いてるんだよね。

とにかく、みんな元気にやってるのかってことで………。

 

 

2019年1月13日 (日)

後楽園ホール・1月12日

 

E2acce99f6594538b9a61c354cd6a563

「あ、明けましておめでとうございます、ます……。」

 

 

 

 

昨日の昼11時頃だったかなあ、

最初は何か白い埃のようなモノがフワフワ舞って来てすぐに、

まるでアニメのワンシーンのように小雪がシャワーのように降って来て、

それが10分ほどで止んでしまって東京の初雪が完了。

 

 

 

 

1月の後楽園ホールは4開催あるんだけど、

そのうちの3回は“DANGAN”ってことで、

入場早々に瀬端さんご夫妻にご挨拶してその後、

40人ほどの人達と「おめでとうございます、今年もよろしくです。」

ってことで、新年1回目のボクシングは結構な埋まり方だったんだわ。

 

 

 

 

① 縄井愁君(ワタナベ)vs初鹿健吾君(八王子中屋)……Mm 4R

0勝1敗の20歳、新潟県と、0勝1敗1分の26歳・東京都。

 

<1R>

初勝利目指し組同士だったんだけど初っ端の勢いは圧倒的に縄井君で、

最初の30秒間で試合の流れが決まってしまいそうだったんだけど、

その後初鹿君が立て直して五分に近いところまで戻したんだけど、

残り1分からは縄井君の再度の攻勢が目立ってたなあ。

 

お互いに中々いい左フックを打ってて、

特に初鹿君は見栄えのいいヒッティングを見せてたんだけど、

縄井君がそれを上回る手数でまずはポイントゲットかなあ。

 

<2R>

またもや縄井君が手数手数でスタートしていって、

二人共、決して巧くはないんだけど気持ちの溢れ方は半端じゃなくて、

このラウンドは残り40秒からの初鹿君の左ショットのヒットが目立ってたね。

 

<3R>

接近手数比べに移行していって、初鹿君もセコンドのアドバイスに反応して、

ラウンド終盤にかけては中々の頑張りを見せてたんだけど、

残り7秒でマウスピースを飛ばされたり見栄え的な遅れを取ってたんだわ。

 

<4R>

最初の30秒間のヒットの正確性で初鹿君が優位に立って、

縄井君も残り1分から手数アップの反攻が目覚ましく、

またもや初鹿君のマウスピースを飛ばしてたんだけど、

ラウンド全体では手数負けはしてたんだけど有効打としては初鹿君だったなあ。

 

 

ってことで自分は38−38だったんだけど結局、

39−37、39−38×2ってことで縄井君の3−0勝ちだったんだわ。

 

 

 

 

② 井上慶一君(東拳)vs今成太希君(三迫)……Fe 4R

1勝(1KO)0敗の36歳・埼玉県と、

1勝(1KO)0敗のサウスポー、21歳・新潟県。

 

井上君は3月が誕生日だからこれがラストファイトになりそうなんだわ。

 

三迫会長が言うには相手より15歳も年下の今成君はパン工場勤務ってことで、

東側バルコニーの横断幕には“闘うパン屋さん”って書いてあったんだわ。

 

<1R>

まずは今成君の強目の左ストレートボディから始まったんだけど、

前の手の捌き方でも今成君の方が優秀で、

井上君は少し仕掛けが雑と言うかとにかく振りがデカ過ぎなんだわ。

 

今成君は気持ち良くスタート出来たみたいで、

その後もタイミングのいいワンツーをヒットヒット。

 

細かく当てられるにつれ井上君は力づくで大きく挽回しようとしてたけど、

中々思いが叶わず空回りすることが多かったなあ。

 

<2R>

そもそも井上君はサウスポーが苦手のようで、

タイミングを掴めないまま打ち終わりを狙われることが多くて、

中々形勢を取り込むことが出来ないままだった残り1分8秒、

南東ポスト近くの南ロープ追い込まれたその瞬間、

今成君の左から返した右フックがまともにヒットして井上君がダウン。

 

それほどの大ダメージには見えなかったんだけど、

それまでかなりまともに貰ってしまうことが多かったせいか、

レフェリーがカウントせずの即のストップエンドで1分55秒、

今成君の手際のいいTKO勝ちだったんだわ。

 

 

今成君は1発当て込むと少し舞い上がり気味に攻め込むことがあって、

その瞬間ガードが疎かになって危ない場面もあったんだけど、

井上君の今一の不手際に助けられてって感じもあったんだけどね。

 

 

 

 

③ 佐々木凌君(青木)vs馬場裕一君(FLARE)……Mm 4R

2勝(1KO)1敗のサウスポー、24歳・秋田県と、

2勝(2KO)3敗の34歳・東京都。

 

<1R>

最初の1分間、二人共殆ど何もなしないままで、

その後もお互いのやる気が全く見えて来ないままで、

4回戦でそれもミニマム級では有り得ない、

まるで世界戦かウェルター級ボクサーの試合の入り方をしてたもんで、

一旦休憩タイムってことで………。

 

 

後で結果を確かめたら39−37、39−38×2ってことで、

佐々木君の3−0勝ちだってさ。

 

 

 

 

④ 義元得拳君(神奈川渥美)vs吉野ムサシ君(八王子中屋)

                   ………52.8kg 4R

5勝(3KO)1敗2分の33歳・神奈川県と、

6勝(2KO)4敗(2KO)の25歳・山梨県。

 

<1R>

一瞬の右の鋭さは義元君だったんだけど、

吉野君は前の手を駆使してそれに対抗してて残り1分13秒、

右のショートをグッドなタイミングでカウンターヒットさせてたんだわ。

 

義元君の方も直後の残り1分に右ストレートを2発当て込んでたんだけど、

元々ガードの緩いところにまたもや右ストレートをカウンターヒットされて、

残り27秒、思わずスットンダウンしてしまったんだわ。

 

そこそこのダメージのように見えたリスタートで、

勿論吉野君も思いっ切り飛ばしていったんだけど、

ここは義元君が何とか凌いでラウンド終了ゴング。

 

<2R>

それほどのダメージを引きずることなく義元君が立て直したんだけど、

ジャブを省略してる分攻撃のパターンが単純だったし、

ショート連打に際しても腕振りが大き過ぎで中々有効ヒットが叶わず、

中盤過ぎには右クロスを1発綺麗に打ち込んではいたんだけど、

大きく流れを引き戻すまでには至らなかったんだよね。

 

<3R>

吉野君には相手が入って来る寸前でのジャブと、

合間合間のボディブローが求められて、

一方の義元君には上下の打ち分けと右ショットの返しが必要だったんだけど、

お互いのせめぎ合いの中で主導権が行ったり来たりで、

感覚的には義元君が流れを戻しつつあるように見えたんだけど、

その義元君の鼻血が目立ってきて、実に微妙なラウンドだったんだわ。

 

<4R>

決して手数負けしてる訳ではないんだけど義元君、

当て勘が良くないのが目立ってきて、

だからもっともっと飛ばす必要があったんだけど、

ペースを上げ切るまでにはいってなかったなあ。

 

<5R>

ポイント的には義元君の更なる頑張りが必要だったんだけど、

一方の吉野君も何だか消耗が浮き出てきて、

足も手も止まり加減になって被弾を増やしつつあったんだわ。

 

<6R>

最後の踏ん張りは吉野君の方が勝ってて、

義元君は爆発出来ないまま明らかな手数落ちでそのまま終了ゴング。

 

 

ってことで自分は58−55で吉野君だったんだけど結局、

58−55、58ー56、57ー56ってことでやっぱり吉野君の3−0勝ちだったね。

 

 

 

 

⑤ 阿知和賢さん(ワタナベ)vs藤本直人君(新日本木村)

                  ………53kg 8R

11勝(4KO)14敗(1KO)5分のランク10位、32歳・神奈川県と、

10勝(5KO)9敗1分の27歳・福岡県。

 

二人は2年ちょっと前に一度対戦してて、

その時は阿知和さんが3−0勝ちしてるんだよね。

 

<1R>

まずは藤本君が気合の入った先攻めで、

詰め寄っての左右フックをガンガン打ち込んでたんだわ。

 

阿知和さんも相手のうち終わりに右ストレートを合わせてたんだけど、

初っ端から力を込めてた藤本君の方が若干優勢だったかなあ。

 

<2R>

開始18秒に阿知和さんが右ロングフックを直撃させて、

いきなり藤本君の左顔面を赤くしてたんだわ。

 

お互いに適度に力を抜くってことが不得意の全て全力系で、

このラウンドも藤本君の手数頑張りが目立ってたんだけど、

有効打ってことになると阿知和さんの方が優勢だったなあ。

 

<3R>

気持ちで負けない、打ち負けないって思っている同士で、

当たりの綺麗さでは阿知和さん、ドサクサの中では藤本君だったなあ。

 

<4R>

やっぱり藤本君は接近左右ボディに大きく活路を求めていって、

外堀から阿知和さんを弱らせることを目指していったんだけど、

もう少し繋ぎの左が必要だったし、

攻め込みの一段落が分かりやすかったなあ。

 

ただ阿知和さんの方も相手のその一段落を攻め切れて無かったけどね。

 

<5R>

近い距離でのやり取りの中で阿知和さんの顔面も赤くなってきたんだけど、

こういう感じになってから彼はしぶとさを発揮するんだよね。

 

ただ、このラウンドは阿知和さんにグッドな打ち込みが無かったもんで、

クリンチ側での藤本君のボディラッシュを評価したんだわ。

 

<6R>

密着戦の中で藤本君が右目尻をバッティングカットしてしまったんだけど、

全くめげること無く頑張る頑張るで、阿知和さんにヘバリが見えてきたなあ。

 

ここまでの自分のスコアは57ー57の丁度イーブン。

 

<7R>

ここからの2ラウンドがまさしく勝負所だったんだけど、

最初の1分間は阿知和さんが制してて、

藤本君もまだまだ腕振りのパワーが落ちて無かったんだけど、

正確なヒッティングに繋がらず阿知和さんが微妙なポイントをゲット。

 

<8R>

阿知和さんも大分消耗してきたかやたら頭から突っ込む場面が増えていって、

正にお互いの死力がぶつかり合ってたんだけど、

藤本君は更にボディブローに力を注いでたんだけど、

顔面へは最後の最後まできちんと当て切れないままだったんだよね。

 

 

ってことで自分は阿知和さんの77ー75だったんだけど結局、

78−74、78−75、77−75ってことで自分とはまるで逆の結果で、

藤本君の3−0勝ちだったんだわ。

 

 

 

 

この後、河野公平さんの引退式があって、

内山高志さんとか田口良一さん、京口紘人さん達も駆け付けてたんだよね。

 

河野さんの試合で 一番印象に残ってるのは2014年の後楽園ホールで、

その試合ではデンカオセーンに8RKO勝ちしてタイトルを取ったんだけど、

勝てないんじゃないかっていう予想を見事に覆して、

隣に座ってた帝拳ジムの本田会長に「ほらな。」って言われたんだよね。

 

河野さんは負けそうも無い相手にコロッと負けてしまったり、

勝つのが難しそうな相手に快勝したり、ちょっと掴み所が無いところがあって、

必ずしもキレッキレのパフォーマーでは無かったんだけど、

実に謙虚な努力型っていう印象を持ってるんだよね。

 

これから先どうされるのかは知らないんだけど、

こういう人がトレーナーに向いてるんじゃ無いかなあ………。

 

 

 

 

⑥ 小野心さん(ワタナベ)vs田中教仁さん(三迫)

      ………日本 ミニマム級タイトル戦 10R

23勝(6KO)9敗(3KO)3分のチャンピオン、サウスポー、36歳・神奈川県と、

17勝(9KO)7敗(1KO)のランク1位、33歳・東京都。

 

ボブ・ディランの“風に吹かれて”で入場した小野さんの勝ちを予想してたのを、

三迫ジムの関係者達が知ってて色々試合前に言われて、

とにかく距離がどうなるかが全てだと思うって答えたんだけどね………。

 

<1R>

基本的なプレスは田中さんだったんだけど、

まずは小野さんが中間距離からのジャブを正確にヒットさせたんだわ。

 

田中さんの踏み込みも絶好調で、何発かの左右フックをかすらせてたね。

 

<2R>

小野さんは快調なジャブを起点としてワンツーも軽くヒットし始めて、

一見流れを掴んだように見えたんだけど、

残り40秒からの田中さんの巻き返しの方が印象的で、

小野さんは距離を潰されたところでの打ち合いに明らかに力負けしてて、

残り6秒では田中さんの右クロスをカウンター気味に貰ってしまって、

北ロープ方向によろめかされてしまったんだわ。

 

<3R>

この日の田中さんは戦い方に何の迷いも見せずのキレッキレで、

先攻めの中にカウンター狙いも複雑に混ぜ込んで相手を混乱させて、

小野さんは警戒感を強めると共に吹っ切れないような戦い方をしてて、

何だか迷いまくってるような印象を感じてた1分24秒、

その打ち終わりに田中さんが右ストレートをタイミング良くヒットさせて、

途端に小野さんがオットットットって感じで尻餅ダウンしてしまったんだわ。

 

それほどの大ダメージでは無かったんだけど、

精神的には随分効いてしまったようでそれ以降、

小野さんの戦い方には更に迷いが上乗せされてしまったようで、

明らかに手数落ちしたままラウンド終了ゴング。

 

<4R>

小野さんが小さくまとまったパフォーマンスに傾く一方、

田中さんは益々の奔放さを発揮し始めて、

飛び込みざまに派手な左アッパーなんかも見せてたんだよね。

 

相手が待ち構えてるように見えたか小野さんの先攻めは中途半端で、

左ストレートを放った後のフォローまでは行き届いてなくて、

田中さんの自信に満ちた腕振りの方が爽快だったんだわ。

 

<5R>

小野さんとしてはどこかで大きく立て直さないといけなかったんだけど、

相変わらず攻め込みの切り口を見出し兼ねてて、

それにつれ攻撃の形が単純化する一方になっていったんだけど、

田中さんの方もカウンターを狙い過ぎる余りか手数落ちが目立ってきて、

フォローパンチ不足も目に付き始めたんだよね。

 

 

試合半分を終えての自分のスコアは49−45で田中さんだったんだけど、

発表された中間スコアも全く同じ49−45×3だったんだわ。

 

<6R>

仕掛け直さないといけないのは圧倒的に小野さんの方で、

田中さんとしては余裕の残り半分だったんだよね。

 

ってことでまずは小野さんが頑張り手数アップだったんだけど、

実はこの日の小野さんは2R頃からどことなくいつもの彼らしくなくて、

気持ちが動きに反映されないままの腕振りの鈍さに首を傾げるばかりで、

ボディブローはかなり頑張ってたんだけど、

その分顔面が空いたところに被弾を増やしていってたんだよなあ。

 

<7R>

中間距離での戦いを捨てたか小野さん、

いきなりゴニョゴニョ揉み合い戦を仕掛けて、

体ごと押し込んでのボディ連打を目指して行ったんだけど、

そういうのは田中さんも嫌いじゃなくてのガツゴツ系で、

結局最後は小野さんの方がクリンチ逃げに追い込まれてたんだわ。

 

挙句小野さんはホールディングで減点を貰ってしまって、

ダウンを喰らったと同じポイント差を付けられてしまったんだよね。

 

 

7Rを終えての自分のスコアを計算してみたら69ー62ってことで、

後3ラウンド分は残してるとは言え小野さんの挽回はとっても無理そうで、

この日の彼には一気に倒し切るほどのパンチが打ててなかったし、

明らかに勝負あったってことで自分はここで離席したんだよね。

 

そしたら直後の8R0分22秒で田中さんのTKO勝ちだったんだわ。

 

 

三迫会長や久保マネ、鈴木トレと共に、勿論田中さんにも頭を下げて、

自分の見る目の無さをお詫びしたんだけど、

田中さんは最後の右が相手に当たることろまでハッキリ見えたって言ってたし、

体のある部分の動きを改善することで随分違ってきたって言ってたんだよね。

 

 

 

リングサイド席に渡辺会長の奥様が座られてて、

負け試合直後だったもんで軽く会釈して通り過ぎようとしたら、

横にお座りなさいってことで最終試合は並んでの観戦だったんだけど、

自分が小野さんに感じた印象は奥様もほぼ同じだったんだよね………。

 

 

 

 

⑦ 中川麦茶さん(角海老)vs田村亮一さん(JBS)

  ………日本 スーパーバンタム級王座決定戦 10R

24勝(14KO)5敗(1KO)のランク1位、30歳・福島県と、

11勝(6KO)3敗のランク2位、31歳・東京都。

 

試合前に今回ワタナベジムから移ってきた石原トレと挨拶を交わしたんだけど、

これで角海老ジムには10人の常勤トレーナーが揃って実に壮観なんだけど、

で、この試合は誰が担当するのかって見てたら、

田島トレに洪さんと奥村さんが付いてたんだわ。

 

田村さんの特に接近戦での力強さは侮れないけど、

技術的には中川さんが圧倒的なもんで上手に捌くって思ってたんだけどね。

 

<1R>

思ってた通り、田村さんが詰め詰めからの乱暴系で始めた中、

中川さんがカウンター気味にチョンチョン当て込んで応じてたんだけど、

中川さんとしては中途半端に付き合わないことが肝心なんだよね。

 

体を振りながら、あるいはジャブを出しながら田村さんが凶暴な踏み込みで、

中川さんとしてはもっと闘牛士的なパフォーマンスが望まれたんだわ。

 

<2R>

この日の中川さんは前の試合の小野さんと一緒で、

何だかいつもと違う印象が拭えなくて、

フットワークやポジションチェンジで相手をいなし切れなくて、

相手の踏む込みに真っ直ぐ下がり過ぎてたし、

だから腰が浮き気味のままの不十分な体勢を強いられつつ、

威力を込められない手打ちに終始してたんだわ。

 

<3R>

田村さんは自らのボクシングに自信を深めたようで、

確信を持ったゴリゴリボクシングを徹底させていったんだけど、

若干飛ばし過ぎたかラウンド半分を過ぎる頃には目に見えての一段落で、

それまでの中川君のボディブローが効いてきたか何だかグニャグニャしてきて、

いよいよ中川さんの反転攻勢かってこの時は思わせたんだわ。

 

<4R>

田村さんの消耗は殆ど大したことが無く改めての立て直しで、

再度の嫌がらせ系を満開にさせていって、

反対に中川さんが嫌気を差さないか気になったんだよね。

 

田村さんのスタミナは全く問題無いようで、

このラウンドは中休みすることなく最後まで手数を落とさなかったんだわ。

 

<5R>

それにしても田村さんの頑張り手数は圧倒的で、

中川さんが巧く立ち回るのを封じ込んでのヒットヒットで、

相手に1発貰うと更にいきり立って激しく仕返し攻撃をしてたんだわ。

 

ここまでの自分のスコアは48−47で田村さんだったんだけど、

発表された中間スコアは50−45、49−46、48−47ってことで、

やっぱり田村さんの3−0だったんだけど幾ら何でも50−45は極端過ぎで、

そりゃ田村さんがドカドカ打ちまくってはいたけど、

その全部がクリーンヒットしてた訳では無かったんだけどなあ。

 

<6R>

発表されたスコアを聞いて益々元気度を上げていったのは田村さんで、

気力というか気迫が更に半端じゃなくなってきたんだわ。

 

強く打ち込めない体勢を強いられたままの中川さんは相変わらずで、

腰高のままの手打ちでは大きく挽回するのはとっても無理そうだったし、

戦い方を変えるつもりもないようで、

今更チョンチョン連打でポイント稼いでも焼け石に水だと思うんだけど、

新しい切り口を見出せないままだったんだわ。

 

この回久し振りに田村さんが中休みしてたんだけど、

中川さんも一緒になって休んでるようで、自分の中ではこれで万事休す……。

 

 

ってことで自分はここで切り上げて帰宅したんだけど、

電車の中で確かめたスコアは99ー91×2、97−93ってことで、

やっぱり田村さんの圧倒3−0勝ちで中川さんはボロ負けだったんだわ。

 

 

 

セミとメインは共に日本タイトルが懸かった一戦だったんだけど、

其々一方が体調を崩していたのかと思われるような稀に見るテイタラクで、

帰り道はやたら腹が立ったんだわ。

 

緊張感が高まる中、いつもの頑張りを見せた田中さんと田村さんがやっぱり、

エラかったってことで………。

 

 

 

 

【本日のベスト3ボクサー】

① 田中教仁さん

② 田村亮一さん

③ 今成太希君

 

 

2019年1月11日 (金)

1月のボクシング

 

2dc1a3fb482f44dd97d5538dbcda14bb

“生後2日目の目力”

 

勿論いつもこうではないし、そもそもまだ見えてもいないんだけど、

長男の息子がカッと見開いた時の目力は半端じゃ無いんだわ。

 

 

 

 

2019年度のボクシングは明日から始まるんだけど、

4回しかないし、大体が週末に集中してるんだよね。

4回しか無いんだけどメニュー的には充実してて楽しみ楽しみ………。

 

 

 

 

《1月のボクシングスケジュール》

*左側が勝者予想、敬称略。

 

・1月12日(土) ………(後楽園)

小野心vs田中教仁、中川麦茶vs田村亮一、阿知和賢vs藤本直人、

今成太希vs井上慶一。

 

 

・1月18日(金) ………(ニューヨーク)

ホルヘ・リナレスvsパブロ・セサール・カノ、T・J・ドへニーvs高橋竜平。

 

 

・1月19日(土)………(後楽園)

和氣慎吾vs中嶋孝文、阿部麗也vs杉田ダイスケ、大嶋剣心vs定常育郎、

長濱陸vs金本翔平。

 

 

・1月25日(金)………(後楽園)

相川学巳vs高橋竜也、中川兼玄、多田雅。

 

 

・1月26日(土)………(ヒューストン)

井上岳志vsハイメ・ムンギア。

 

 

・1月31日(木)………(後楽園)

大保龍球vs林慶太、徳島空吾vs寺崎和輝、粕谷雄一郎。

(住田愛斗vs田中公士の試合が組まれてたんじゃ無かったっけ? )

 

 

 

 

《1月ボクシングの期待度ベスト10》

*左側が勝者予想、敬称略。

 

① 阿部麗也vs杉田ダイスケ

② 和氣慎吾vs中嶋孝文

③ 小野心vs田中教仁

④ 中川麦茶vs田村亮一

⑤ 相川学巳vs高橋竜也

⑥ 大嶋剣心vs定常育郎

⑦ 阿知和賢vs藤本直人

⑧ 大保龍球vs林慶太

⑨ 長濱陸vs金本翔平

⑩ 今成太希vs井上慶一

 

2019年1月10日 (木)

助け合い……。

 

A699fbcfe5914f68999ff7ef5b277eed

“宮根誠司ではなくて………。”

 

 

 

去年の暮れ、池袋駅の近くの喫煙スペースで煙草を吸ってたら、

募金箱を抱えた青年が寄って来て「お幾らでも……。」って言ってきたもんで、

そもそもあんたの団体の事は全く知らないし、

集めた金が何処へどう使われるのか今一信用しかねるからって断ったら、

その青年がやたら熱を込めて議論系で詰め寄って来たもんで、

そういう相手は最も得意なもんで言葉でフルボッコにしてやったんだわ。

(話しながら思い出したのはズーッと以前の高田馬場駅前での一件で、

白装束のオームの連中10人ばかりとやり合ったっけなあ……。)

 

 

 

毎年暮れになると様々な助け合い団体が其々募金集めに奔走してて、

赤十字や放送局系から始まって、社会鍋やら宗教系まで総動員で、

新規のNPOも参入して、ちょっと訳が分からなくなりつつあるんだわ。

 

そもそもそういう連中の中には他人の金に頼るだけ頼って、

陰でネコババしてるのがいるんじゃないかっていう疑いも拭い切れなくて、

全額ではないにしろ自らの報酬を抜き取ってるケースも有りそうだし、

元々心清い発想の下で始めたのなら、

働いて得た自らの報酬を差し出せばいいっていう思いも強いんだよね。

 

東北震災の際にもある悪徳NPO法人が集めた多額の金を私的利用してたし、

以前見かけた駅頭での念仏を唱えながらの托鉢活動は、

実は暴力団が裏で支えてて托鉢僧もかき集めたホームレスだったって、

ネタバレしてしまったからもう見かけることは無くなったんだけど、

ことほど左様に助け合いに協力するのは結構難しいものなんだわ。

 

 

 

実は今回、自分も腹立たしい目に遭わされてしまって、

それが冒頭の写真にあるように福島電力破綻事件なんだわ。

 

電力事業の自由化に伴って契約会社の選択の幅が拡がったと同時に、

自分は東北震災で困窮してる地元企業を応援してやろうと思い立って、

それまでの東京電力から福島電力に契約を切り替えたんだけど、

この福島電力が稀に見るほどのデタラメな会社で、

僅か1年ほどで破綻してしまったんだわ。

 

殆どの公共料金は自動引き落としにしてるんだけど、

この電気代だけは当分コンビニ払いにしてたんだけど、

去年11月頃に福島電力から手紙が届いて、

料金の未払い分があるから支払えって管財人からの連絡で、

よく調べてみたら元々相手側の未請求だったのが判明したし、

2月分を7月に請求してみたり、収納会社が2社あったもんで、

二重請求さえも発見されて、もうデタラメの限りだったんだわ。

 

 

色々差し引きしてもまだ17,000円ほどが未払いだっていうから、

こんな会社とは1日も早く縁を切りたいからすぐ請求書を送れって、

そう伝えてから1ヶ月以上も放置して忘れた頃の昨日やっと請求書が届いて、

20日までに支払えってエライ短気な請求に呆れたんだけど、

20日は日曜日ってことで、そういう期限は普通はあり得なくて、

もう何から何まで破綻してしまうのが当然のような振る舞いなんだわ。

 

その上全く臆面もなく以降は〇〇〇〇経由にしてくれてって、

まるで聞いたこともないような会社を指名して来て、

勿論速攻東京電力に戻したんだよね。

 

 

改めて冒頭の写真を見直してみれば当時の社長、

如何にもいい加減そうな目付きをした面をしてるんだわ。

 

 

2019年1月 9日 (水)

2018年度年間ベストボクシング

 

D4d6adffbb3a47e9971c05f47908596b

“キープ・ミー・ハンギング・オン”

 

“バニラ・ファッジ” 唯一のヒット曲なんだけど、

この後のハードロックの源流になったとも言える曲とバンドで、

引きずるような重々しいリズムに特徴があったんだわ。

 

 

 

 

結局、去年の現場ボクシング観戦は合計82回しかなくて、

その前年までの90回台から減ってしまったんだけど、

それは夏場に裁判沙汰に絡んで業界に嫌気を差しての観戦拒否によるもので、

今思い出してもムカつく事この上ないんだわ。

 

その後ファイトマネーの支払いや移籍に関する問題は、

一応の解決をみつつあるとは言え、

その改革はまだまだごく表層部分に限られていて、

ある意味ではジム間格差は更に拡がり、それが固定化しつつあって、

業界の暗部に巣食う連中はヘドロのように声を身を潜めたままであって、

今や富士山以西のボクシングは自分にとっては無いものに等しくて、

残念ながら首都圏でも観戦拒否の試合が増えるばかりなんだよね。

 

 

そんな中でのベストボクシングって言っても大いに限界がある訳で、

だから以下はあくまでも自分の中だけのことで………。

 

 

 

 

《2018年のベスト25ボクシング》

*左側が勝者、敬称略。

 

① ドニー・ニエテスvs井岡一翔………2−1

② 拳四朗vsミラン・メリンド………7RKO

③ 井上尚弥vsファン・カルロス・パヤノ………1RKO

④ 竹迫司登vs西田光………1RKO

⑤ 伊藤雅雪vsクリストファー・ディアス………3−0

⑥ 比嘉大吾vsモイヤス・フエンテス………1RKO

⑦ 田中恒成vs木村翔………2−0

⑧ 京口紘人vsヘッキー・ブドラー………10RKO

⑨ 清水聡vs上原拓哉………3RKO

⑩ クドゥラ・金子vs有川稔男………3RKO

⑪ 細川バレンタインvsデスティノ・ジャパン………7RKO

⑫ 三代大訓vs正木修也………3−0

⑬ 京口紘人vsチボ・モナベサ………4RKO

⑭ 源大輝vs大橋建典………7RKO

⑮ 木村隼人vs高野誠三………8RKO

⑯ 佐川遼vs松本亮………3RKO

⑰ 久我勇作vs小坂遼………1RKO

⑱ 竹迫司登vs佐々木左之介………2RKO

⑲ 内藤律樹vsジェフリー・アリエンザ………9RKO

⑳ 小浦翼vs冨田大樹………3−0

㉑ 船井龍一vsビクター・オリボ………2RKO

㉒ 平岡アンディvs吉開右京………3RKO

㉓ 齋藤裕太vs菊池永太………2RKO

㉔ 中谷潤人vsジェロニエル・ボレス………1RKO 

㉕ 大保龍斗vs中山祐太………7RKO

 

 

2019年1月 7日 (月)

12月のベストボクシング

 

8c9e843a61924d7caf12deea1a5d3ca0

“エリック・クラプトン”

 

今年最初に聴いたのはE・クラプトンの2001年の武道館ライブ。

 

“ヤードバーズ” や “クリーム” での彼も勿論いいんだけど、

自分的なベストはやっぱりこの年代で、この渋い風貌も堪らないんだわ。

 

手にしてる黒のストラトキャスターは少し前にチャリティーに出品して、

1億円の値が付いたモノとは違うんだけど、

“ブラッキー” って愛称のそのレプリカは30万円ほどで入手できる訳で、

今年競馬で大儲けしたらゲットしてみようかなあ………。

 

 

 

 

結局、奥さんの弟一家も世田谷の息子のマンションに集合ってことで3日、

生後8日目の自分の孫とのご対面だったんだわ。

 

前日に退院したばかりの息子の嫁さんには色々迷惑をかけてしまって、

ちょっと申し訳なかったんだけど、彼女は料理上手で、

テーブルウェアのセンスも抜群なもんで実に心地良かったんだよね。

 

CGデザイナーと大手アパレルの企画スーパーバイザーとその息子、

プロのドラマーと大手美容室チェーンの役員とその娘のバレリーナ、

それと元ヨガ教師と無職のオッサンの計8名の集まりだったんだけど、

3時間ばかりを実に楽しく過ごすことが出来たんだよね。

 

 

 

 

話変わって12月のボクシングのベストなんだけど、

7現場観戦と1TVボクシングでの範囲内のことで、

タイでの竹中良さんとかベトナムでの古橋岳也さん、

大阪での藤中周作さんと渡部大介君、仁平宗忍君、

それに栗原慶太さん達の試合は見ていないもんで半端は半端なんだけどね。

 

 

《12月度のボクシングベスト20》

*左側が勝者、(  )内は事前期待度ランク、敬称略。

 

① ドニー・ニエテスvs井岡一翔 (2)……2−1

② 京口紘人vsヘッキー・ブドラー (ー)……10RKO

③ 清水聡vs上原拓哉 (16)……3RKO

④ 木村隼人vs高野誠三 (13)……8RKO

⑤ 笈川夏愛vsピチャット・トーンティーブ (ー)……2RKO

⑥ 細川バレンタインvs稲垣孝 (5)……1RKO 

⑦ 吉野修一郎vs小林和優 (20)……3RKO

⑧ 大坪タツヤvs河野洋祐 (17)……2−0

⑨ 丸田陽七太vs溜田剛士 (9)……5RKO

⑩ 岩原慶vs市川大樹 (15)……4RKO

⑪ 今野裕介vsデスティノ・ジャパン (7)……3−0

⑫ 佐川遼vs河村真吾 (8)……8RKO

⑬ 三瓶数馬vs粟田祐之 (18)……7RKO

⑭ 遠藤健太vs岡田翔真 (ー)……2RKO

⑮ 渡部あきのりvs新藤寛之 (4)……1−1

⑯ ジョン・ジェミノvs中澤奨 (ー)……2RKO

⑰ 岡田誠一vs荒木貴裕 (14)……6RKO

⑱ 酒井大成vs濱口大樹 (ー)……3−0

⑲ 小國以載vsアレガ・ユニアン (ー)……4RKO

⑳ 湊義生vs荒川竜平 (ー)……3RKO

 

 

 

 

【村木田渾身競馬】

新年の競馬は5日、6日から始まって、

当然の如く参加した6レースは全ハズレだったんだけど、

騎手達の今年最初の成績チェックには役に立ったんだわ。

 

ルメールもデムーロもいない中での数字なんだけど、

正月休みなんかない中での開催だから大きな変化はあり得なくて、

取り敢えず2日間で6鞍以上騎乗っていう条件なんだけどね。

複勝率ベスト10は以下の通り。

 

①北友(667) ②川田(556) ③武豊(500)  

④内田(500)  ⑤岩田(455)  ⑥戸崎(400)

⑦大野(375)   ⑧マーフィー(364)   ⑨武藤(333)  ⑩国恭(333)

 

 

2019年1月 1日 (火)

大晦日TVボクシングからの新年

 

E50cf314ba5c43a2a241fc8ef9390f0c

“ニエテスの右ショートアッパーと井岡さんのガード”

 

 

 

 

この時期東京の日の出は6時45分くらいなんだけど、

首都高の高架越しに朝日が差し込むのは大体7時頃で、

何となくバルコニーに出て何となく、今年もヨロシクねってことで……。

 

 

以前、上野のホームレスに正月はどんな感じ?って聞いた際、

「別にどうってこともねえなあ……。」って答えが返ってきたんだけど、

自分もこの年齢にもなると新年と言えども特にどうってこともなくて、

今年こそは……とかいったような思いや考えも浮かんで来ず、

ついにホームレスの心境に達しつつあるんだわ。

 

 

 

 

30日のトリプル世界戦に大きくガッカリさせられたまま、

2018年のボクシングが終わるのかと思ってたところ、

昨日31日のテレビ・ボクシングできっちり締めることが出来たんだわ。

 

 

 

 

☆ ヘッキー・ブドラーvs京口紘人さん(ワタナベ)

        ………WBA LF級タイトル戦 12R

32勝(10KO)3敗のスーパーチャンピオン、30歳・南アフリカと、

11勝(8KO)0敗のランク1位、25歳・大阪府。

 

ブドラーは去年5月田口良一さんに3−0勝して、

(田口さんは0ー3負けしたとは言え、僅か1ポイント差の113ー114×3。)

IBFとWBAのベルトをダブルゲットしたんだけど、

今回はIBFベルトを返上してのWBAタイトルだけで理由は不明なんだけど、

IBFの上位挑戦者の方が危険度が高かったのかなあ……。

 

写真を見ると京口さんはいつものオレンジのグローブだったんだけど、

テレビ画面では赤に近い色をしてたね。

ブドラーも同じウィニングだったんだけどこっちは黒。

 

<1R>

初っ端から動きがこなれてたのはブドラーの方だったんだけど、

何だかいきなり全部出しの余裕の無さのようなものを感じたんだけど、

それはまるで田口さんとの試合の時のように、

序盤でポイントを稼ごうとしてるかのようで、

右アッパーとかワンツースリーまでのストレートを見せまくってたんだわ。

 

<2R>

でもやっぱりブドラーのパンチの打ち方は何から何まで変で、

フック系は担ぐようだったし、ストレートはたわむような感じで、

体の動きと同様、何だか全体に無駄が多いように感じたんだよね。

 

ただ、それらが合わさると相手にタイミングを崩させてしまうというか、

パンチの軌道を見極め難くくさせてしまうようでもあったんだわ。

 

<3R>

京口さんがプレスを強めていった開始42秒、

強めの右ストレートを2発ヒットさせてからリズムを掴んでいって、

返しの左フックもとってもいい感じだったなあ。

 

<4R>

警戒を強めたブドラーが1Rのようにガンガン攻めて来なくなって、

いよいよ京口さんが主導権を握るかって思われたんだけど、

相手の手数落ちに合わせたような一旦の休憩タイムのようだったんだわ。

 

ってことで、ここまでの自分のスコアは38ー38。

 

<5R>

京口さんの打ち返しを嫌ってか大きな右フックを打つ際にブドラーが、

目線を切ってしまうことが多くなってきたんだけど、

相変わらず体をグニャグニャさせながら打ち込んでくるもんで、

京口さんも当てにくそうにしてたんだけど、

1発1発の当たりの強さとしては京口さんの方が圧倒的で、

いつの間にかブドラーの右目周辺の赤味が増してきて、

顔面全体の傷み方も比較にならなくなってきたんだわ。

 

特に露骨だったのは京口さんの左ボディを嫌がる様子で、

やたらベルトラインを気にするようになってきたんだよね。

 

<6R>

ブドラーはガチャガチャさせた中で攻めてる感じ、

頑張ってる感を出そうとしてるかのようだったんだけど、

またもやの左ボディとかアッパーでかなり痛めつけられてたんだわ。

 

<7R>

結局、京口さんの左ボディが大きく展開を動かしつつあって、

最初の1分半を優勢に組み立ててた残り1分からの攻勢も印象的で、

この回は手数有効打共に圧倒圧倒だったんだわ。

 

<8R>

ブドラーのピョンピョン・フットワークは今や完全に影を潜めてて、

左ボディを極端に嫌がって右肘が下がるところを狙われて、

それまで時折見せてた派手な右ショットも封じ込まれてしまって、

特に残り30秒での左ボディにはとってもシンドそうにしてたんだわ。

 

8Rを終えての自分のスコアは京口さんの77−75だったんだけど、

試合全体の流れは大きく京口さんに傾いていったんだわ。

 

<9R>

1分10秒、京口さんの左アッパーが強烈に喰い込んだその瞬間、

ブドラーの腰が一瞬砕けてしまって、

それ以降は休みたい休みたいっていうのが露骨になってきて、

やたら鼻血を気にするようにもなってきて集中力が著しく落ちてきて、

今やブドラーはポイントの取れるようなボクシングになってなくて、

足元の安定感も失われつつあって終焉が近いことが見えてきたんだわ。

 

<10R>

京口さんのコンビネーションは益々キレを増していって、

ブドラーは気持ちが萎え体力的にも限界に来てるようだったんだわ。

 

ポイント的にはダウンを喰らわない限り京口さんの勝利が決定的で、

元々一発のパワーが無いブドラーとしては追い込まれる一方だったんだわ。

 

 

京口さんの通算97ー93で終わった10Rだったんだけど、

ブドラー陣営もこれ以上続行しても逆転は無理だって判断したか、

終了時点での妥当棄権ってことで京口さんのTKO勝ち。

 

流れを一気に取り戻したきっかけはやっぱり京口さんの左ボディで、

それを最初っから見せなかったことも大正解で、

相手の手の内を確認してからのギアアップってことでもあったんだよね。

 

 

 

 

☆ ドニー・ニエテスvs井岡一翔さん

     ………WBO SF級王座決定戦 12R

41勝(23KO)1敗5分のランク1位、36歳・フィリピンと、

23勝(13KO)1敗のランク3位、29歳・日本。

 

井岡さんの所属ジムは何処なの?

黒のエバーラスト同士で1敗同士でもあるんだわ。

 

 

井岡さんは2015年にレベコに僅差0−2負けしたんだけど、

ニエテスはどれだけ遡れば敗戦した試合に辿り着けるのかってことで、

15年のキャリアのうちこの14年は負けナシだし、

世界戦18戦で2分してるけど無敗なんだよね。

 

 

井岡さんは大きく見えたんだけど、何だか少し緩んでるように見えて、

動きに迫力は増してたけど少しばかりスピード感を失ってるようで、

一瞬のやり取りの中で終始ニエテスに遅れを取ってるような感じだったなあ。

 

ただ、二人の攻防の一体感からは特別のモノが感じられて、

実にレベルの高いパフォーマンスに最後まで見惚れてしまったんだわ。

 

特に36歳だっていうのにニエテスの動きが落ちなかったのが驚異的で、

勿論井岡さんの方も全く見劣りはしてなかったんだけど、

ニエテスの打ち込みの巧みさとか見せ方の巧さはホント惚れ惚れだったんだよね。

 

 

自分のスコアは115ー113でニエテスだったんだけど結局、

118ー110、116ー112、112−116ってことでニエテスの2−1勝ちで、

それ程の大差じゃないだろうって思ったと同時に、

井岡さんの勝ちっていうのも無いんじゃないかって思ったんだよね。

 

 

井岡さんも最後までクオリティが落ちることは無かったんだけど、

12ラウンドを通して思い返してみれば、

井岡さんは一方では一本調子だったって言わざるを得なくて、

ポイントの行方が読み難かったラウンドが多かった中で、

ペースやリズム、戦法に変化を付け切れないままだったんだよね。

 

それにしてもお互いに最後の最後まで派手に打たれるってことが全く無くて、

だから二人の顔面は殆ど傷みが見られないままで改めて言うけど、

二人のディフェンスの素晴らしさは感動的でさえもあって、

特にニエテスは井岡さんに最後まで左ボディを打たせないままで、

もしかしたらそれで井岡さんは攻撃のリズムを掴みかねたとも言えそうで、

なるほどなあって色々考えさせられてしまったんだよね。

 

 

 

とっても楽しいイヤーエンド・ボクシングを見ることが出来たんだけど、

その後録画見したRIZINのメイウェザーの一戦は、

40年ほど前のカシアス・クレイと猪木との茶番劇を彷彿させて、

極端な条件戦を強いた側の無理解も甚だしいって思ったんだけど、

全く興味のない格闘技と嫌いなメイウェザーを自分にも見させたってことで、

興行主は大成功ってことなんだろうけど、

“サスケ”の方が余程真剣味があったんだよね。

 

 

 

 

これから朝昼兼用で正月料理を食べて、

近所の神社へ形だけの初詣にでも行って、

明日は奥さんの家族が来るかも知れないし、

3日は息子の所へ初孫を見に行って、

4日には週末の競馬予想をして、

新年のボクシングは12日からなんだわ。

 

で、新年明けましておめでとうございますってことで………。

 

« 2018年12月 | トップページ