« 大晦日TVボクシングからの新年 | トップページ | 2018年度年間ベストボクシング »

2019年1月 7日 (月)

12月のベストボクシング

 

8c9e843a61924d7caf12deea1a5d3ca0

“エリック・クラプトン”

 

今年最初に聴いたのはE・クラプトンの2001年の武道館ライブ。

 

“ヤードバーズ” や “クリーム” での彼も勿論いいんだけど、

自分的なベストはやっぱりこの年代で、この渋い風貌も堪らないんだわ。

 

手にしてる黒のストラトキャスターは少し前にチャリティーに出品して、

1億円の値が付いたモノとは違うんだけど、

“ブラッキー” って愛称のそのレプリカは30万円ほどで入手できる訳で、

今年競馬で大儲けしたらゲットしてみようかなあ………。

 

 

 

 

結局、奥さんの弟一家も世田谷の息子のマンションに集合ってことで3日、

生後8日目の自分の孫とのご対面だったんだわ。

 

前日に退院したばかりの息子の嫁さんには色々迷惑をかけてしまって、

ちょっと申し訳なかったんだけど、彼女は料理上手で、

テーブルウェアのセンスも抜群なもんで実に心地良かったんだよね。

 

CGデザイナーと大手アパレルの企画スーパーバイザーとその息子、

プロのドラマーと大手美容室チェーンの役員とその娘のバレリーナ、

それと元ヨガ教師と無職のオッサンの計8名の集まりだったんだけど、

3時間ばかりを実に楽しく過ごすことが出来たんだよね。

 

 

 

 

話変わって12月のボクシングのベストなんだけど、

7現場観戦と1TVボクシングでの範囲内のことで、

タイでの竹中良さんとかベトナムでの古橋岳也さん、

大阪での藤中周作さんと渡部大介君、仁平宗忍君、

それに栗原慶太さん達の試合は見ていないもんで半端は半端なんだけどね。

 

 

《12月度のボクシングベスト20》

*左側が勝者、(  )内は事前期待度ランク、敬称略。

 

① ドニー・ニエテスvs井岡一翔 (2)……2−1

② 京口紘人vsヘッキー・ブドラー (ー)……10RKO

③ 清水聡vs上原拓哉 (16)……3RKO

④ 木村隼人vs高野誠三 (13)……8RKO

⑤ 笈川夏愛vsピチャット・トーンティーブ (ー)……2RKO

⑥ 細川バレンタインvs稲垣孝 (5)……1RKO 

⑦ 吉野修一郎vs小林和優 (20)……3RKO

⑧ 大坪タツヤvs河野洋祐 (17)……2−0

⑨ 丸田陽七太vs溜田剛士 (9)……5RKO

⑩ 岩原慶vs市川大樹 (15)……4RKO

⑪ 今野裕介vsデスティノ・ジャパン (7)……3−0

⑫ 佐川遼vs河村真吾 (8)……8RKO

⑬ 三瓶数馬vs粟田祐之 (18)……7RKO

⑭ 遠藤健太vs岡田翔真 (ー)……2RKO

⑮ 渡部あきのりvs新藤寛之 (4)……1−1

⑯ ジョン・ジェミノvs中澤奨 (ー)……2RKO

⑰ 岡田誠一vs荒木貴裕 (14)……6RKO

⑱ 酒井大成vs濱口大樹 (ー)……3−0

⑲ 小國以載vsアレガ・ユニアン (ー)……4RKO

⑳ 湊義生vs荒川竜平 (ー)……3RKO

 

 

 

 

【村木田渾身競馬】

新年の競馬は5日、6日から始まって、

当然の如く参加した6レースは全ハズレだったんだけど、

騎手達の今年最初の成績チェックには役に立ったんだわ。

 

ルメールもデムーロもいない中での数字なんだけど、

正月休みなんかない中での開催だから大きな変化はあり得なくて、

取り敢えず2日間で6鞍以上騎乗っていう条件なんだけどね。

複勝率ベスト10は以下の通り。

 

①北友(667) ②川田(556) ③武豊(500)  

④内田(500)  ⑤岩田(455)  ⑥戸崎(400)

⑦大野(375)   ⑧マーフィー(364)   ⑨武藤(333)  ⑩国恭(333)

 

 

« 大晦日TVボクシングからの新年 | トップページ | 2018年度年間ベストボクシング »