« 結局……。 | トップページ | 徒然(つれづれ)……。 »

2018年7月15日 (日)

名を捨てて実を取った!

 

61d218931f3b4eb1ac674b3cbd9d6910

“大逆転”

 

 

 

判決が下された7月11日の千葉地裁には自分を含めて10人程の傍聴人がいて、

そのうちの一人が話し掛けてくれて、その方は元競輪選手ってことで、

斉藤司君の最後の試合を観戦したってことで、

法廷を出た後にコーヒーを飲みながらちょっと話をしたんだけど、

そう言えば9日の後楽園ホールでも3人の方が声を掛けてくれて、

みんな知らない人ばかりだったんだけど、裁判の事を気に掛けてくれて、

何とかブログを続けて欲しいとも言われたんだよね。

 

その後13日にはあるボクサーがわざわざ電話を掛けてきてくれて、

彼とは7~8年前のデビューの頃からの知り合いなんだけど、

実にとっても温かい言葉でこのブログのことを語ってくれたんだわ。 

 

 

 

先日も書いたように自分としては判決理由を読んだ上で、

最後のアガキをするつもりでいたんだけど、

実は判決が下された翌日、先回のブログをアップした直後、

つまり12日の昼過ぎに担当弁護士から電話が入って、

その判決理由に関する説明を受けたんだわ。

 

それによると、斉藤司君と所属ジムとの間のマネージメント契約は、

既に有効性を失ってるというか充分に契約解除要件に相当するってことで、

所属ジムの承認さえも全く必要無く自由移籍が可能だってことだったんだわ。

 

今回の事案は元々 “未払い金請求事件” として提訴されたものなんだけど、

未払い金分としてこちら側が算定した金額は、

協会のファイトマネー支払いに関する甚だ不鮮明な規程の前に粉砕されてしまって、

その意味では前回報告通り全面敗訴だったんだけど、

判決理由の中にはボクサーにとって宝物のような文言が書かれてあったんだわ。

 

 

そもそもジムとボクサーとの間のマネージメント契約は労働契約じゃないか、

もしそうでなければ有償準委任契約だとする当方の主張のうち、

労働契約とする部分は否認されたんだけど、

有償準委任契約とする部分が認められて、

両者の信頼関係が修復出来ないほどに崩壊しているから、

当該契約はその有効期間の満了を待たずにいつでも解除できるし、

所属ジムの移籍承認印さえ不要だって書かれてあったんだわ。

 

本契約の解除によって被告ジム側が大きな損害を被ることも認めてなくて、

そういう意味では移籍金の発生も有り得ないことも諭してるんだよね。

 

 

結果的には当方が当初目指してたゼロ和解をゲットしたのと同じな訳で、

被告側が和解に応じず、あくまで200万円の移籍金を要求し続けて、

こちら側が1円も支払うつもりがないと突っぱねた結果、

今回初めてマネージメント契約の法的性格に関する一解釈が明らかにされて、

その解除に関しても大きく一歩踏み込んだ判断が下されたんだよね。

 

それらは悪徳系ジム側にとっては甚だ厳しい裁断な訳で、

皮肉にも被告自身が業界の改善に関しての一助を担いつつあるとも言えて、

もしもあの折、被告側がゼロ和解に応じてたら、

全ての事がウヤムヤのままにされてたと思うからね……。

 

 

実は今回の案件に携わった弁護士は、

もし一審が判決理由を含めて納得し難い結論のままに終わってたら、

自腹を切ってでも控訴する覚悟でいたって聞かされて、

その一心不乱の男気にはホント感謝感謝なんだよね。

 

彼が書いた9頁にわたる最終準備書面はそれこそ渾身の文章で、

原告被告其々の本人調書と併せて読んでみると、

今回の事案の全体像がハッキリ浮き出てると思う訳で、

裁判所の判決理由と共に業界関係者達は必読だと思うんだよね。

 

 

ジムとボクサーとの間のマネージメント契約の有効性や、

契約解除に関しては今回ある程度の法的判断が下されて、

コミッションや協会には更なる前向きな対応が求められると思うんだけど、

勿論ボクサーは誰でもいつでも移籍が自由ってことでは無くて、

契約を継続しうる為の合理的根拠を欠いてる場合に限られる訳で、

実質的にファイトマネーがどういう形でどれだけ支払われたかも重要な訳で、

マネージメント契約の解除に関しては厳正な判断が必要なんだよね。

 

 

今回の訴訟は裁判所にとっても判断に苦しむような稀有な案件だったみたいで、

本来1,000万円以内の民事訴訟は一人裁判官制が原則なのに、

3人の合議制を取ってたんだけど、いずれにしても画期的な判例として残る訳で、

以降に同じような訴訟があった場合には大いに参考にされることになる訳で、

ジムとボクサーの其々にこれまで以上の緊張感を強いるんだわ。

 

 

元々の未払い金請求に関しては請求棄却されたんだけど、繰り返しになるけど、

それはファイトマネーの支払いについての協会規約がルーズ過ぎてることが要因で、

その点に関する改革改善も急務だと思うんだけど、

マネージメント契約に関する今回の裁判所の判断は、

自分としては肉を切らせて骨を絶ったって感じがしてて、

正義は存在するんだなって、今はシミジミしてるんだよね。

 

 

 

そんな中、頭の中を去来するのは以前当該ジムに所属してたボクサー達のことで、

その余りに汚いやり方に嫌気を差してボクサーを止めてしまったり、

3人合計で600万円もの移籍金をふんだくられたボクサー達のことで、

もし彼らが今回の訴訟のような段取りを踏めば、

そんな酷い目には遭わなかっただろうことを思いやると実に痛恨な訳で、

この際不当利得返還請求とか消滅時効のことなんか調べてみるかなあ……。

 

その前にまず、今回の判決理由を携えながら、

斉藤司君の為に最後の援護射撃なんだよね……。

 

 

 

ってことなんだけど、今回はコメント欄を開放しますので、

何か御意見があったらヨロシクです。

« 結局……。 | トップページ | 徒然(つれづれ)……。 »

コメント

今回の裁判大変お疲れ様でした。せっかくですので今年いっぱいはボクシング観戦続けられてはいかがでしょうか。

投稿: おめでとうございます。 | 2018年7月15日 (日) 10時50分

村木田さーん、今度茶でも行きましょー

投稿: 相馬一哉 | 2018年7月15日 (日) 12時32分

村木田さん、有難うございます!!

投稿: 塚田 | 2018年7月15日 (日) 14時43分

いつも試合があると翌日の更新が楽しみでした。自分は過去14戦して褒めてもらったのは負けた1試合だけでしたが、とても嬉しかったのを覚えています。

ボクシング観戦の代わりに夢中になれるものが見つかると良いですね。また気が向いたらホールに足を運んでください。

長い間ありがとうございました。

投稿: らいとふらい | 2018年7月15日 (日) 14時58分

画期的な事ですね😃これで、昔のように、ジムとのトラブルで、志し半ばにして去っていく選手が減りますね。😂風穴を空けましたね

投稿: 元西部地区新人王 | 2018年7月15日 (日) 16時49分

村木田さん 衰退が加速する日本ボクシング界
において、あなたのブログが無くなるのは痛恨
の極みです。是非継続をお願いするとともに
なかなかホールに行く事が出来ない地方のファン
に臨場感溢れる村木田解説を!
同世代の北のボクシングファン

投稿: 北の毘 | 2018年7月15日 (日) 18時34分

自分は素人なのでボクシング界のことは解らないですけど
契約金を払ってる訳でもないのに移籍金を払えなんて理解不能ですが今回の裁判で大きな一歩を踏めたら良いですね

それとブログが終了するのはやはり残念です

投稿: コウジ丈 | 2018年7月15日 (日) 18時42分

村木田さん、ありがとうございます。
これでまた、司を応援することが出来ます!
それから、兄弟ジムの話ですが、
あれ、誤解しています。
兄弟は、あそこだけなんで、
勘弁してください、笑

投稿: おやじ | 2018年7月15日 (日) 18時48分

俺はお前嫌いだけど、
応援してるし好きだ(笑)

観戦もブログもホールで死ぬまで続けてください!!

投稿: | 2018年7月15日 (日) 19時35分

完全勝利という結果でいいんじゃないでしょうか!
観戦は続けて下さい!

投稿: おなきち | 2018年7月15日 (日) 20時51分

ありがとうございます。
凄いです。

投稿: やつたきざやみ | 2018年7月15日 (日) 21時24分

試合に負けて勝負に大勝利だと思います。おめでとうございます。
ボクシングの魅力に取り憑かれ20数年、周囲にはボクシングの話題についてこれる人も僅かで、自分が観た試合の感想を村木田さんの目にはどう映ったのかと答え合わせをするようにブログの更新を楽しみにしています。どうかブログを続けて下さい。

投稿: ライトヘビー級素人ボクサー | 2018年7月15日 (日) 21時44分

協会側は改善の動きはあるんですか?

投稿: バレッタ | 2018年7月15日 (日) 23時55分

色々腹立つ事もありますが、最終的には今後、選手生活を送れれば良い訳であり、新たなジムで、再出発の姿みたいです。
趣味であるこのブログもボクシング観戦もそんな人達の為に辞める必要はない訳で…。ところで、斎藤選手の様子どうなんでしょうか?

投稿: イケイケ | 2018年7月15日 (日) 23時58分

☆ おめでとうございますさんへ。
                                          
気に掛けていただいてアリガトです。
急展開があったもんで、今後の業界の対応を見据えたいとも思って、
観戦に関して心が動かないでもないんですが、
もう少し頭を冷やしながら決めようと思ってるんですわ。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月16日 (月) 07時40分

☆ 相馬一哉さんへ。
早々のコメントアリガトです。
まだこのブログを読んでくれてるみたいで嬉しい嬉しい。
自分は酒と晩飯は誰とも遠慮してるけど、
コーヒーなら10分から3時間まで付き合いますよ。    

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月16日 (月) 07時46分

☆ 塚田さんへ。
何に対して有難うなのかがちょっと解り難いですが、
多分今回の裁判のことだと勝手に解釈してます。
陰ながらの応援、こちらこそアリガトです。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月16日 (月) 07時49分

☆ らいとふらいさんへ。
申し訳ないですが、自分には貴方が誰だか全く想像が付きません。
自分の観戦ブログはあくまで素人のオッサンの感想に過ぎないんですが、
喜んでもらえた記事が一つでもあったのは嬉しいことです。
自分は映画を見たり音楽を聞いたり読書とか、
競馬や自転車、サツキなどボクシングの他にも色々多趣味ですので、
時間を持て余すことはないんですけどね。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月16日 (月) 08時02分

☆ 元西部地区新人王さんへ。
今回画期的な判決理由をゲットしたのは確かなんですが、
それで風穴を開けきれるかはまた別の困難な課題でして、
ジムもボクサー側もマネージメント契約の法的な性格と意味を
確認し合うことから始めることになるんですわ。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月16日 (月) 08時17分

☆ 北の毘さんへ。
熱いお言葉ホントにアリガトです。
当初は4回戦のことは誰も書かなかったもんで、
自分が見届けてやるっていう気持ちで始めたブログなんですけど、
遠くから訪ねて下さって重ね重ね御礼致します。
観戦切り上げにつきましては上記のコメント返しにも書きましたように
若干の留保が生じつつあるんですけどね……。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月16日 (月) 08時31分

☆ コウジ丈さんへ。
仰る通り、ボクシング界はもう50年も60年も古き良き習慣と共に、
明らかな悪習も踏襲し続けてきて来てる訳でして、
この辺りでその全てを見直して良習と悪習の区別を明確にして、
悪習の改善に努めないと有能で魅力的なボクサーを失うばかりだと思うんですよね。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月16日 (月) 08時42分

☆ おやじさんへ。
様々なジムの評価に関してはそれこそ色々ありまして、
全国280余もあるジムの白黒或いはグレー評価は、
個別の問題であることは間違いのないところでありまして、
評価する人の考え方一つでもあるんですよね。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月16日 (月) 08時48分

☆ 無名さんへ。
好きだけど嫌いっていうのは微妙に解り易いんだけど、
取り敢えずは自分へのエールも感じられてアリガトです。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月16日 (月) 08時51分

☆ おなきちさんへ。
上記のコメント返しにも書きましたように、
まだまだ完全勝利って訳ではなくて、
これからこれからなんですわ。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月16日 (月) 08時54分

☆ やつたきざやみさんへ。
貴方とは沢山の言葉を交わさなくても、
何となく気持ちが通じてるような感覚を持ってるんだけど、
今回の短いコメントもとっても嬉しかったですよ。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月16日 (月) 08時56分

☆ LH級素人ボクサーさんへ。
こんなブログでも大事に読んでくれてるみたいでとっても嬉しいです。
大勝利ってほどではないと思ってるんですが、
それでもマネージメント契約の本質が今回明らかにされたことは、
とっても大きな成果だとは思ってるんですよね。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月16日 (月) 09時12分

☆ バレッタさんへ。
コミッションと一体になっての改善が望まれるところなんですよね。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月16日 (月) 09時16分

☆ イケイケさんへ。
色々ご配慮アリガトです。
斉藤司君に関する詳しいことはもう少し待って下さいな。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月16日 (月) 09時18分

一歩さん、ありがとうございました。
これからもボクサーのため、義の一喝をたのみます。

投稿: 竹下寛美 | 2018年7月16日 (月) 11時37分

前のブログで知った判決内容に憤慨してしまい、ブログを最後まで読まないで電源を落としてしまいました。
宣告されたとおり、もうブログは更新されていないんだろうなって思い見てみたら、思いもよらぬ結果に安堵しています。
一般論で考えれば裁判しなければならないような案件ではないはずですが、時代遅れの協会の体制もですが、該当ジムの性根が逸脱してますね。
またそういう生き方を植え付けられたのかもしれません。
哀れみさえ感じます。
このまますんなりと事が進むことを祈ります。

投稿: momo | 2018年7月16日 (月) 12時23分

本当に、本当にご苦労さまでした。

27はホールに行きます、お会いしたいですね。

投稿: 帽子メガネ | 2018年7月16日 (月) 15時39分

先日はお疲れ様でした。
災い転じて、って感じですね。
まだまだ課題は山積でしょうが、良い方向に向かう第一歩と思います。
今度は後楽園ホールでお会いできれば、と思っています。

投稿: nin | 2018年7月16日 (月) 21時34分

まだ最後の援護射撃が残っているようですが、とりあえずはお疲れ様でした。
形状は敗訴ということで法律の知識0の私は裁判費用の負担が原告側になってしまうのか? と少し心配していますが、移籍はできそうなようで、そのことは心から良かったと思います。
簡単な問題ではないですが、ボクシング競技、ボクサーって人種が好きだから一人でも多くのボクサーが悔いのない現役生活を送れるように願っています。
ブログももしまだ書かれるのなら楽しみにしています。

投稿: 山口桂太 | 2018年7月16日 (月) 22時47分

早起き倫理の講演に斉藤司を連れて行き司に"今、自分がこうしているのは.全て会長がいたからです。"
言わせておき、会場に来ている倫理の喝采を浴びる。
皆んなまとめてさよなら移籍した事を涙ながらに語り倫理のヒロインとして拍手喝采。
司には200万円なんて払えるはずない。だから残った。
靭帯切った司を棄権させる事なくタイトルマッチをさせて、
その後も完治しないまま何度も試合組み全て自分の金儲け。
司は未だに脚の調子が良くない。

投稿: 司を守る会 | 2018年7月17日 (火) 01時56分

☆ 竹下寛之さんへ。
お電話を頂きましたにも関わらず、
あっちこっちへの連絡やら確認やらでバタバタしてまして、
返電できませんで誠に申し訳ありませんでした。
竹下さんの1ヶ月分の会費を取り戻すところまでいかなくて、
重ね重ねお詫び致しますが、
近々に嬉しい報告が出来るように頑張りますので、
ヨロシクお見守り下さいませ。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月17日 (火) 06時33分

☆ momoさんへ。
ある意味恣意的とさえ言えるほどに、
ルールや規約が不完全なままに放置されてる中、
あくまで真っ当に経営してるジムもあるんですよね。
                                         
まるでボッタクリを容認してるかのような環境下で、
それでもなるべくボクサーに寄り添うような経営をしてる方々にお会いすると、
それはもう人間性の違いを知らされるんですよ。
                                        
良くない環境に育ったボクサーがいざ自らがジムを経営するに至ると、
特別の悪意を持たないままに悪習が繰り返されるんですが、
当初はまあまあまともにやってたジムが、
経営が思わしくなくなって安易に悪習に手を染めてしまうってことも多いんですよね。
                                        
現状のファイトマネーの支払い方が本筋ではないことを自覚してるのか、
無意識なのかによってジム側の罪の程度は異なると思うんですが、
ボクサーが被害を被るという点に関しては全く違いが無いんですよね。
                                        
いずれにしてもそれらは業界自身が自ら考える事であって、
単なる素人の観戦者が口を出すべきことではないのかも知れないんですけど、
事情を知ってしまった以上、黙っていられないっていうのも自分の性分なんですよね。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月17日 (火) 07時12分

☆ 帽子メガネさんへ。
相変わらずお気に掛けて下さってアリガトです。
仰る通り27日は山盛りのメニューで心がときめきますが、
まだ今回の問題の解決には至っておりませんし、
そもそも心と頭の整理がついていませんので、
残念ながらお会い出来るかは甚だ不明確なんですよね。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月17日 (火) 07時32分

☆ ninさんへ。
貴方は例の元競輪選手の方ですか?
あの折は駅まで送って下さってホントに有難うございました。
開廷時間を明らかにしてなかったもんで、
どれだけ待たれたのかと考えますとホントに頭が下がる思いです。
これからも温かい気持ちで見守って上げて下さいな。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月17日 (火) 07時40分

☆ 山口桂大さんへ。
貴方が最後の口頭弁論に遠くからわざわざ来て下さった時はホントに驚きまして、
感謝の気持ちで一杯でした。
ただ問題はまだまだ山積みでして、
実は今日(17日)も大事な話し合いがあるんですが、
ジックリ確実な進歩が実るように頑張りますので、
これからも応援ヨロシクです。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月17日 (火) 07時48分

☆ 司を守る会さんへ。
司君を近くで見続けてたからこそ言えることも言いたいことも沢山あるのでしょうね。
                                         
彼がタイトル戦の前に足にケガを負ってしまって、スパーリングも出来ず、
事務椅子に座ってサンドバッグ打ちするのが精一杯のままに
強引に出場させられた話には憤激しましたし、
師匠筋のジムから破門された経緯を聞かされた時の情けなさもこの上なくて、
被告の破滅的な性格は想像を超えるモノでしたね。
                                          
このジムには移籍する為には200万円が必要だっていう内規もあるみたいで、
ファイトマネーの搾取と共にもうタコ部屋か地獄としか言いようがないんですわ。
                                           
で、今回の裁判への関与は元々自分の腹立ち紛れって感じが強かったんですよね。
                                       
戴いた貴方のコメントは最後の部分を入力ミスされたようだったもんで、
こちらで勝手に修正しておきましたので悪しからずです。


投稿: 村木田一歩 | 2018年7月17日 (火) 08時33分

6月2日のブログで初めて私の事を書いて下さってとても感動しました。息子のデビュー以来 村木田さんにブログでほめてもらえる試合をずっと家族で目指してきましたが残念です。息子も新しい道を見つけたようです。デビュー戦以来 全ての試合を色んな角度で解説いただき本当にお世話になりました。最後に村木田さんと一度お話したかった夢がかないました。この10年間本当に有難うございました。

投稿: じゅんきの父 | 2018年7月17日 (火) 08時43分

まずは、本当にお疲れ様です。
個人的に本ブログはとっても貴重な存在に感じています。
どうか、これからも、この業界の様々な澱みに倦むことなく続けられてください。

投稿: 南池袋 伊藤 | 2018年7月17日 (火) 09時31分

村木田さん。更新ありがとうございます。
司さんの事。
その他日々の観戦ブログ。
本当に楽しみなんです。
自分が推しの選手を良く書いてくれたらハッピーですし、悪く書かれたらイラッとしたり。
私だけではないですよ。更新楽しみにしてるのは。
今後も更新期待しております。

投稿: 神奈川のオヤジ。 | 2018年7月17日 (火) 18時07分

私も移籍を経験した者として、斉藤選手の状況は気になっていました。
そして、移籍を勝ち取れそうとの事で嬉しく思います。
裁判お疲れ様でした。

投稿: 休憩タイム提供ボクサー | 2018年7月17日 (火) 18時09分

かなり以前のことですが、数回ホールでお話をさせていただきました。

あれからホールで、毎回お見掛けしておりましたが
私などが何度もお声がけするのはと、、自重しておりました。

なんにしろ、貴殿のいないホールには違和感を覚えます。
寂しい限りです。

投稿: 新潟のボクシングオタ | 2018年7月17日 (火) 19時14分

9日の角海老興行で、セミとメインを一緒に観戦させていただいた者です。その際には、突然話しかけたにも関わらず、色々と興味深いお話をしていただき有難うございました。お聞きしたお話の内容と、先日の速報版の内容に本当にがっくりとしていましたが、この逆転の内容に一気に嬉しく湧きかえっています。

大きな戦いを終えたボクサーと同じく、ゆっくりとお休みになった上で、復帰を考えていただければと思います。観戦を復帰したとしても、新しいものを見つけたとしても、応援させていただきたいです。いつも、4回戦からの戦いを文字で教えていただき、ありがとうございます。

投稿: バルコニー好き | 2018年7月17日 (火) 19時34分

はい。
県庁20Fです。(笑)
こちらこそ、貴重なお話を有難うございました。
俄かファンではありますが、出来る範囲で応援したいと思います。

投稿: nin | 2018年7月17日 (火) 20時59分

とにかくお疲れ様です。貴兄の行動力に敬意です。なかなか義憤からでも「人のため」に動くのはたいへんだと察します。小生はただ単純に貴兄のブログ継続を熱望するだけです。知り合いのボクサーが貴兄のコメントから励まされボクシングを継続している、そんな事実も小さな「人のため」になっていることも、あるんですから!

投稿: くわん | 2018年7月18日 (水) 02時19分

あと2日くらいコメント欄あけておいて頂けると助かります。

この度は、本当にこの最新記事で涙が出そうになりました。
明日、長いかもしれませんがコメント致します。
自分も傍聴していましたので。

それでは失礼致します。
応援してます。

投稿: いの | 2018年7月18日 (水) 05時28分

村木田さん、お疲れ様です。
もう、10年になるでしょうかホールで試合がある度に貴方のブログを読むことを楽しみにしてました。
ブログが読めなくなるのは寂しいですが、何らかの形でこれからもプロボクシングに関わって欲しいです。
また、今回で一部のジムの非道な行いが違法であることがはっきりしましたので、貴方のおかけでこれから救われるボクサーは少なくないでしょう。
まだ、さよならは早すぎますよ。

投稿: ボクシングファン | 2018年7月18日 (水) 07時50分

☆ じゅんきの父さんへ。
そうですか、あの試合で息子さんはボクシングに見切りを付けたんですか、
知らなかったです。
今思い返すと、あの試合での息子さんはそれまでのイメージとは少し違ってて、
相手の勢いに変に巻き込まれてしまって、
微妙な判定を征されたって感じがしてたんですけどね。
                                       
あの折り、じゅんき君はホールの入り口左側のところで、
「自分の父です。」 って紹介してくれたんですよね。
                                        
いつまでもボクシングに固執し続けるのもボクサーですし、
早めに冷静な見切りを付けるのもボクサーだと思ってまして、
じゅんき君はじゅんき君のボクシングを全うしたっていうことなんでしょうね。
                                        
彼は見た目とは少し違ってて、実に誠実で謙虚な対応は忘れ難いモノがありますが、
新しい道でまた自分を探すことが出来るといいですね。
                                         
じゅんきの父さんもそれから奥様もこれからもお元気で……。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月18日 (水) 08時21分

☆ 南池袋 伊藤さんへ。
裁判結果に基づきまして、早速行動を開始したんですけどそもそも、
判決が確定するまでには2週間の形式的な日数が必要でして、
今回の結論をぶつけられる方にも実に刺激的であることは間違い無くて、
今までとは次元の違う対応を迫られる訳でして、
事の性質上、進捗の全てを逐次報告することは叶いませんが、
陰ながらでも応援して下されば心強いです。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月18日 (水) 08時35分

☆ 神奈川のオヤジさんへ。
何度も書いてきたことなんですが、
試合に関する感想っていうのはそれこそ千差万別でして、
そのいちいちに過剰に反応するのはナンセンスだと思ってるんですよね。
自分とは違った他人の感想に触れることを敢えて楽しむような余裕を持つと、
観戦の幅も拡がるような気がするんですけどね……。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月18日 (水) 08時42分

☆ 休憩タイム提供ボクサーさんへ。
そうですか、自分は貴方の試合で途中離席したんですかあ。
それでもそういう風にサラッと言って貰えると気が休まりますし、
貴方の心の幅広さを知らされる思いがして清々しいです。
                                         
2年前に斉藤司君の裁判に携わる決心をした時には、
自分なりに相当の戦う覚悟と理論武装をしましたし、
当時全くの門外漢であった弁護士さんに知り得る限りのこの業界の仕組みを
懸命に説明したことを懐かしく思い出すんですよね。
                                         
その間沢山の善意の第三者から助言も頂きましたし、
悪徳系の関係者とも直接対決したんですけど、
まだまだこれからとは言え、今は一山越えたっていう感じなんですよね。
                                        
自分達の裁判戦術に関する詳しいことは後述致しますから、
これからも見守り続けて下さると有り難いです。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月18日 (水) 09時17分

☆ 新潟のボクシングオタさんへ。
お久し振りです。
ここのところの暑さには度を超えたモノがありますが、
その後もお元気ですか?
自分は貴方が仰るようなたいそうなモノではありませんから、
気が向いたらいつでも気軽に声を掛けて戴いて良かったんですけどね。
                                         
観戦に関するこれからこのことはまだ全く未定なんです。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月18日 (水) 09時32分

☆ バルコニー好きさんへ。
リングサイドでボクサーの表情や息遣いに触れ、
セコンドとのやり取りを間近に聞くのもそれなりに面白いですが、
バルコニーから俯瞰で試合を見るのもとってもグッドグッドで、
腕と足の動きの連動とか、全体のバランスを見るにも実に具合がいい訳で、
縦位置になってパンチが見難いってことも無いんですよね。
                                          
あの折は判決を2日後に控え、多少テンションも上がってたせいか、
少々喋り過ぎたっていう反省が後で湧いてきまして、
貴方には却ってご迷惑ではなかったかとも思ってるんですわ。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月18日 (水) 09時44分

☆ ninさんへ。
コメント返しをアリガトです。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月18日 (水) 09時46分

☆ くわんさんへ。
自分のブログで元気付けられてボクシングを続けてるボクサーがいるってことで、
それはそれで実にとっても嬉しいのですが、
一方ではその夢を挫いてる場合も有り得るって自分では思ってまして、
そのどちらの方も自分なりに呑み込んでるつもりなんですよね。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月18日 (水) 09時53分

☆ いのさんへ。
今回の裁判が確定するのは25日頃ですから、
それまではこのままにしておくつもりですから、
見計らってコメント下さいませ。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月18日 (水) 09時57分

2年試合をしてなければ、クラスによっての移籍金を一律にすればいいと思うんですけどね。世界チャンピオンクラスの移籍で200万で。2年という期間は長いですが、新天地で失敗しないための準備期間という事で。記憶が定かではありませんが、長谷川穂積さんの移籍で3000万という話を聞いた事があります。でもそれは現役の世界チャンピオンでしたしね…


村木田さんのブログについては、今更ですがホールで行われる全試合を細く戦評されていて、これは凄い事ですよ、本当に!

投稿: る | 2018年7月18日 (水) 13時40分

長いですがご容赦ください。


以前、井岡くんと粉川くんが試合したらどっちが勝ちますか?ってコメントした者です。
お久しぶりです!


自分もあの日、千葉地裁に見に行きました。
9割くらい記録していたのですが、嫌な結果しか予想つかなかったので、紙は捨てちゃいましたが。。。
ちょっと後悔してます。

だって中央のあの裁判官、居眠りしてるんですもん!
2回も!!
ただ、他の裁判、別の裁判官でもそういうの目にしたことはあるのですが、今回に限っては許せなくて。

もうひとりの裁判官も、
「〇〇の試合はいくらもらいましたか?」
と聞いて、原告が答えたら
「はいわかりました」
の後に
「ちゃんと、もらってますよね」
みたいな、心が聞こえたというか・・・。


協会の規律がルーズだからってのが原因かと思いますが、
『どっちが善か悪かなんて解るだろ!
あいつは、本来払うべき金額を払っていないし、
搾り取っているんだ』
って傍聴席から念じるしかなくて。

もしかしたら、裁判官は解っているのかもしれないけど、証拠と根拠が同列に証言されていないってことで真実が勝ち取れないんだ、と
お国のルールにガッカリしてしまって長い帰路に付きました。


ちなみに、村木田さんと法廷から同じエレベーターで下に降りました(笑)
ブログ見て来ました。と言えば良かったのですが、
すみません。
元ボクサーの方とお話されておりましたので、タイミングも心情的にも、うまくいかず。


あと、許せなかったのは、
被告が原告の身内を2度中傷したことです。
あんなヒドイことを言うのかと。
いつ、どこで人間の心を落としてきたのかと。
そもそもは、ボクシングで選手育てたいって所からジムは始まったハズなんですよね、おそらく。
それが、人を傷つけ、金をむしり取り、嘘をつき。

許せません。


小さいことかもしれませんが、
「いまジムに選手は何人いますか?」と聞かれて、
思いっきり水増しして答えてましたよね。
あれ、虚偽答弁ですよ。


原告の弁護士さんは、言葉からも立ちふるまいからも勝負に出ているかっこよさがあって、
もしダメなら自腹きってでも、ってお話を読み、
泣きそうになりました
(湯場選手に似たルックスが印象的です)


長くなりましたが、ここらへんで失礼します。
ただ、心配なのが、そこまで立ち向かってしまって、村木田さんは大丈夫なのか?ってことです。
あんなヒドイ人間なのですから、仕返し的なの怖いなあと。。。
残りの援護射撃は、希望的観測で予想はついておりますが、うまく行くこと願っております。


僕らで何かできることはないですかね。
署名とか。
日大の監督と同じくらい、それ以上の罪があると思っています。


それでは。

投稿: いの | 2018年7月18日 (水) 14時57分

ご丁寧にありがとうございました。
じゅんきをとてもご理解下さって息子も
喜んでいると思います。
ボクシング人生で村木田さんの存在は
とても大きく対戦相手の過去の試合
同じジムの選手の試合は自分が見たような
思いで読ませて頂いてました。
息子が同時期にピリオドを打つのも何かの
縁かなと思います。
村木田さんもいつまでもお元気で
あらためてありがとうございました。

投稿: じゅんきの父 | 2018年7月18日 (水) 15時14分

はじめまして。
ムラキダさんにはけちょんけちょんに書かれて悔しかったです。いつか見返してやりたいと思いながら、引退して今に至ります。このブログは大好きなんです。続けてもらえると嬉しい。応援しています。

投稿: 中部地区ボクサー | 2018年7月18日 (水) 15時27分

はじめまして。お疲れ様です。元プロボクサーです。
自分も移籍組で移籍のハンコをもらうためにそこそこの金額を支払いました。
移籍の理由はいろいろありましたが、ファイトマネー関係とか信頼関係の欠如とかではありません。
そういった場合でも裁判した場合は(無償or少額で)移籍が認められると思いますか?

また要件を満たせばハンコがなくても移籍が可能だ、と書かれていらっしゃいましたが、実際問題コミッションはハンコがない移籍届けを受諾するとは思えません。やはり移籍裁判するしかないのでしょうか?

いつも試合観戦記楽しく読ませていただいてます。個人の思いの篭もった感想素晴らしいと思います。
長文駄文失礼いたしました。

投稿: そこらへんの元プロ | 2018年7月19日 (木) 02時36分

☆ ボクシングファンさんへ。
今回の裁判沙汰における相手側ジムは間違いなく良心的ではないのですが、
それでも間違ってはいけないのは違法ということではないんですよね。
その辺りがとっても大事なところでして、
改善の難しさが由来するところでもあるんですわ。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月19日 (木) 07時51分

☆ る さんへ。
色々な考え方があるとは思うんですけど、
移籍や移籍金に関する規定を明確化する為には、
その前提としてまずファイトマネーの支払をキッチリ決めておくことが
重要だと自分は思ってるんですけどね。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月19日 (木) 07時55分

☆ いの(2)さんへ。
入魂のコメントをアリガトです。
                                    
最終口頭弁論の際に裁判長が居眠りしてたとのことですが、
自分には証人陳述を深く聞き入りながら頷いていたように見えたんですけどね。
                                         
左右の裁判官は途中の人事異動で変わっていましたが、
裁判長は2年間終始この案件をフォローしてくれた訳でして、
実に心のこもった判決理由は彼の誠実さを示してるような感じがしたんですよね。
                                       
本来は20万円以上だった筈なのに8万余円しかた受け取れなかった点についても、協会の規程が余りにズサンだったことにその責を求めるべきで、
裁判官としても判断の拠り所が無かったということだと思うんですよね。
                                         
仰るように宣誓をしたにも関わらず被告の嘘八百の羅列は
人間としての彼を疑ってしまうほどで、
自分も 「嘘をつくんじゃねえ!」 って声を上げるのを抑えるのが大変でしたよ。
                                           
物証がないことは全面否定して原告を嘘つき呼ばわりして、
都合の良くないことは全て別れた奥さんである元マネジャーのせいにして、
以前は20人ほどプロボクサーがいたんですけど、
この1年で試合をしたボクサーは2人しかいないにも関わらず、
現在8名が在籍していますって悲しい見栄を張ってもいましたね。
                                        
いのさんは自分に対する彼の今後の行動の可能性を心配されてるようですが、
一度だけ1対1で話した時の印象は、
彼は自分より立場の弱い人間や丸め込んだ相手に対しては、
実に強気にとうとうと語るタイプなんですけど、
一旦窮地に追い込まれると急に声を大きくしたり小さくなったり、
身振り手振りが増して極度に目線の安定感が失われるっていう
虚言癖が持っていがちな典型的な仕草をする人物だったんですよね。
                                        
度胸があるとか腹が座ってる印象とも程遠くて、
有力者にすぐ泣き付くタイプにも見えたもんで、
いのさんが心配されるような事態は起こり得ないと思いますし、
今回の件に関する腹の座り加減では全く比べるべくもないんですわ。


投稿: 村木田一歩 | 2018年7月19日 (木) 08時43分

☆ じゅんきの父さん(2)へ。
ホントに丁寧に読んで下さってたみたいで極上の喜びです。
仰ることは自分には過分に過ぎるくらいですが、
温かいコメント返しの返しをアリガトです。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月19日 (木) 10時51分

☆ 中部地区ボクサーさんへ。
どこのどなたか解りようもないんですが、
その折は御不快な観戦記になってしまったでしょうか?
自分は自分の感じた事だけを拠り所にしてますもんで、
ご本人を含めて他人の感想とは随分違ったモノになってしまうことも、
実は覚悟の上なんですよね。
                                          
既に引退されてるってことですから貴方の勇姿はもう見られないんですけど、
ムチャクチャ熱い中部地区でしょうが元気にお暮し下さいませ。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月19日 (木) 11時00分

☆ そこらへんの元プロさんへ。
詳しいことは公開されている判決理由を読んで下されば納得がいくと思うのですが、
まだ判決が確定してない中での自分の見解なんですが、
そもそも有償準委任契約においては契約申し込み者が、
その解除を申し入れることはごくごく普通のことでありまして、
今回のようなジムとボクサーとの間のマネージメント契約に関しましても、
ボクサー側に合理的な解除理由があるのなら移籍金は一切発生しないし、
移籍届に所属ジム側の印鑑は全く不要だと結論付けてるんですよね。
                                        
判決として下されたモノをコミッションが受け容れを拒絶するってことは、
普通は考えられないんですけど、別なところでも書きましたように、
それならいつでもボクサーが自由に移籍できるかってことになると、
若干簡単ではないところもありまして、
例えばあるボクサーがあるジムに所属するに際して契約金が支払われてたり、
海外合宿や大きなマッチメイクに多額の費用が発生してたような場合には、
ジム側がその返還を求めて、移籍金として充当することも有り得るんですよね。
                                          
ボクサーがマネージメント契約の解除を要求するには、
合理的な根拠があればいい訳で、
ファイトマネーの支払いに納得がいかないだけではなく、
練習環境の劣悪さもその根拠になり得ると思われるんですよね。
                                         
これと言って合理的な根拠もないままに移籍しようとすれば、
最初っから移籍金の問題に移行するのかは微妙だと思うんですけど、
協会側は自己防衛をする為にも、
マネージメント契約の中に解除条件に関する記述を入れるべきだと思うし、
予めクラスごとの移籍金を設定しておく必要もあると思ってるんですけどね。
                                       
ただ、移籍金の設定に際しても、
計算の基礎になるのはあくまで規程されたファイトマネーであるべきであって、
その意味でもファイトマネーの支払いに関してはガラス張りにしておくべきであって、
ファイトマネーの計算書は協会で統一するのが、
最終的なあるべき姿ではないかとも思ってるんですよね。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月19日 (木) 11時59分

負け越しの元選手です。
負け試合ばかりでも村木田さんにはあまり酷評された記憶はありません。
辞めたあとでもこのブログは読み続けています。

とりあえず、裁判お疲れ様でした

投稿: 元選手 | 2018年7月19日 (木) 23時17分

☆ 元選手さんへ。
裁判のことを気に掛けて下さってアリガトです。
そうですか、貴方は負け越しボクサーさんなんですか。
                                        
巧くて気持ちの強いボクサーはサクサクッとA級になって、
サクサクッとランクをゲットして、
サクサクッとベルトもゲットするんでしょうが、
自分はそういうボクサーだけを見つめて来た訳ではないんですよね。
                                      
如何にもハートが弱そうなんだけどどことなく巧さを垣間見せるボクサーとか、
巧くはないんだけど気持ちの強さを見せるボクサーとかも、
その後の進歩が楽しみですから見所は充分にあるんですよね。
                                         
自分が席を立ってしまう試合っていうのは、
リング上のボクサーから巧さも気持ちの強さも感じられない場合であって、
それがいつものことであったり、
その日に限ってっていうこともあるんですよね。
勝ち数や負け数っていうのは相手があってのことですし、
作られたキャリアには期待を裏切られることが多いですからね。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月20日 (金) 08時08分

☆ 皆さんへ。
今回も沢山のコメントをアリガトでした。
                                          
このブログへのコメントは一旦自分の目を通した上で、
公開を決めるシステムになってるんですけど、
荒らし系や中傷系のモノで削除したコメントは一つもありませんで、
皆さんが真剣に参加してくれてるのが知れてとっても嬉しかったです。
                                     
仰りたいことの大体は出尽くした感がありますので、
コメント欄の開放は今日で切り上げようと思ってますのでご了承下さいませ。
                                         
今後は25日頃の判決確定を粛々と待った上で、
本格的な行動に移したいと思ってますので、
相変わらず温かい気持ちで見守って下さると有り難いです。
では……。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月20日 (金) 08時20分

村木田さん裁判お疲れ様でした。
判決は敗訴ですが、斉藤選手は移籍してボクシングを続けられそうで何よりです。
敗訴で裁判費用は斉藤選手が支払うことになると思いますが、結果的に見ると裁判費用が移籍金の変わりみたいになってしまいましたね?
悪徳ジムのために裁判費用ですら払うのが本当にもったいないですが。

今、移籍を考えている現役選手は沢山いると思います。
私は斉藤選手は裁判をしたからこそ今回のような結果がうまれたわけなので、裁判の全容をしっかり把握せずに安易に他の選手達もじゃあ俺も俺もとなってしまうとハチャメチャになってしまうのではないかと思っています。
もちろん選手によって状況は違うと思いますが、まずは現在の状況が落ち着くまで様子を見た方がいいのではないかと私は思っています。
村木田さんなら、今現在移籍を考えている選手達にどのような言葉をかけますか?

下手な文章、長文失礼しました。

投稿: | 2018年7月20日 (金) 10時58分

東京のジムでファイトマネーが現金払いのジムってありますか?

投稿: ボクシングを始める者 | 2018年7月20日 (金) 16時55分

お疲れ様でした。

コーヒーとタバコ
3時間コース 予約お願いします

投稿: 梶おやじ | 2018年7月20日 (金) 20時11分

裁判官の様子は、僕の勘違いであれば勿論それにこしたことはないので、村木田さんの言葉を信じることにします!

27日は、ホール行ったほうがいい気が・・・。

投稿: いの | 2018年7月20日 (金) 23時30分

☆ 無名さん(2)へ。
多少勘違いされてるようで……。
                                       
勿論敗訴した方が訴訟費用を負担する決まりになっているのですが、
数億円が絡んだ係争ならいざ知らず、
数百万円くらいなら、それも証人を要さない訴訟の場合には、
負担する訴訟費用っていうのは1万円内外なんですよね。
                                        
訴状提出の際に必要な印紙代も知れてますし、
訴訟に際して一番費用が掛かるのは数十万円の弁護士費用なんですよね。
                                       
移籍希望のボクサーに掛ける声とのことですが、
今回の事案についてもしっかり着地した訳では無いですので、
そういう事に関してはまだまだですね。
                                       
ただ、現時点で考慮中交渉中ってことであれば、
何らかの方向性が定まるまで、あともう少しの期間、
ジムとの交渉を保留した方がいいんじゃないか、とは思いますけどね。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月21日 (土) 06時38分

☆ ボクシングを始める者さんへ。
ファイトマネーは原則としてチケット払いのジムが圧倒的に多いんですが、
全て現金払いっていうジムもありますし、
プロテストに合格してマネージメント契約をする際に、
現金にするかチケット払いにするかを選択させてくれるジムもあるんですよね。
                                        
ただ、試合ごとにどちらかを選べるのは前の方のコメント返しに書きましたように、
自分の知り得る限り千葉の本多ジムだけですね。
                                         
地方から首都圏のジムに所属するとどうしても近場に友人知人が少ないですので、
当初はチケットを捌くのがシンドイですから、そういう配慮は実に嬉しいですよね。
                                                        
いずれにしても、ジム仲間やら他ジムのボクサー達とのネットワークの中から
情報を収集することだと思いますけどね。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月21日 (土) 07時00分

☆ 梶おやじさんへ。
息子さんの試合に関するブログでもないのに訪ねて下さってアリガトです。
                                         
自分の息子が運動会で活躍するのを見て極上のワクワクを感じたのは
遥か昔のことですが、梶おやじさんは未だにそういう環境の中にいる訳で、
とっても羨ましいおやじさんですよね。
                                        
今回のお申し出に対して一応仮予約を入れておきますね。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月21日 (土) 07時14分

☆ いのさん(2)へ。
仰る通り27日のホールには極上のメニューが用意されてて、
行き合えば挨拶や言葉を交わすボクサーが6名出場しますし、
ジムの会長さんは9名もおられるんですけど、
25日まではとにかく粛々なんですよね。
                                          
今回のコメント解放につきまして、
一つの荒らしコメントも無かったと昨日書きましたが、
それを読んで小心変態愉快犯の心が動いたようで、
アルファベットや拡張多言語などを出鱈目に並べて、
数十行に亘って書き連ねたモノを送ってきたのがいて、
それはまるで商店街のシャッターへの落書きのようだったんですわ。                                        
ソイツは最後の最後に飛び込ませてきたんですけど、
いのさんのコメントがそれを洗い流してくれたんですよね。

投稿: 村木田一歩 | 2018年7月21日 (土) 07時40分

この記事へのコメントは終了しました。

« 結局……。 | トップページ | 徒然(つれづれ)……。 »