« 5月度ランキング | トップページ | 後楽園ホール・6/14 »

2018年6月12日 (火)

知ってる事、思う事 (6)

 

90a5c6ef269a4bca828319ca4d5fc5e3

 

 

                                                      前回からの続きってことで、     

追加チケットを含んだ場合のファイトマネーに関する問題なんだけど、

今回は解答も一緒に追記しておきますね。

 

 

 

【問題2】

以下の①~⑦までの条件の下での最終的なボクサーの取り分はいくらですか、

また、プロモーターとジムの取り分も其々計算してみて下さい。

 

① C級ボクサー。

② ファイトマネーは倍額のチケットで支給。

③ 追加分を含めて動いたチケットの額面総額は375,000円。

④ 追加分チケットはプロモーターから額面の70%で支給。

⑤ マネージメント料は19,800円 (60,000円×0.33)。

⑥ 源泉徴収税は1,021円 (60,000円-50,000円)×0.1021。

⑦ 健保金は1,200円 (60,000円×0.02)。

 

 

 

 

≪解答≫

☆ プロモーターの取り分……178,500円。  

総額375,000円分のチケットの内120,000円分は無償でボクサーに支給され、

差額の255,000円分の70%がプロモーターの取り分となるから……、

(375,000円-120,000円)×0.7=178,500円。

 

 

☆ ボクサーの取り分……174,479円。

本来の120,000円分に追加分チケット255,000円の30%が上乗せされて、

マネージメント料と源泉税、健保金が差し引かれるもんで、

120,000円+255,000円×0.3-(19,800円+1,021円+1,200円)

=174,479円。

 

 

☆ ジムの徴収分……22,021円。

(但し、この内源泉税は税務署、健保金は協会に支払われるから、

実際のジムの取り分は19,800円のみ。)

 

 

 

上記のように正当な場合ならボクサーの取り分は174,479円になるんだけど、

自分が関わったボクサーの場合には87,400円しか受け取れず、

差額分の87,079円は丸々ジムに持って行かれてしまったんだよね。

 

 

 

 

【問題3】

以下の①~⑦の条件の下でのボクサー、ジム、プロモーターの其々の

取り分を同じように計算して下さい。

 

① 日本ランク8位のA級ボクサー。

② ファイトマネーは倍額のチケットで支給。

③ 追加分を含めて動いたチケットの額面総額は748,000円。

④ 追加分チケットはプロモーターから額面の70%で支給。

⑤ マネージメント料は99,000円 (300,000円×033)。

⑥ 源泉徴収税は25,525円 (300,000円-50,000円)×0.1021。

⑦ 健保金は6,000円 (300,000円×0.02)。

 

 

 

 

≪解答≫

☆ プロモーターの取り分……103,600円。

総額748,000円分のチケット内600,000円分はボクサーに無償で支給され、

差額の148,000円分の70%が取り分となるから……、

(748,000円-600,000円)×0.7=103,600円。

 

 

☆ ボクサーの取り分……513,875円。

本来の600,000円に追加分チケットの30%が上乗せされて、

マネージメント料と源泉税、健保金が引かれるもんで……、

600,000円+148,000円×0.3-(99,000円+25,525円+6,000円)

=513,875円。

 

 

☆ ジムの徴収額……130,525円。

(但し、この内源泉税は税務署に、健保金は協会に支払われるもんで、

実際の取り分は99,000円のみ。)

 

 

 

この場合、ジムがきちんと規程を守っていれば、

ボクサーの取り分は513,875円になるんだけど、

このボクサーの場合には396,800円しか受け取れてなくて、

差額分の117,075円はジムがしっかり搾取してるんだよね。

 

 

こんなアクドイやり方を20試合以上も続けられたら、

そのボクサーが上の方へ行けば行くほど搾取される金額が増えていく訳で、

ちゃんとしたジムでやってた場合と比較すると、

合計では軽く200万円~300万円もボクサーの受取金額が違ってくるんだよね。

 

 

ただ、そういう風にやってはいけないって何処にも書いてないもんで、

コミッションのルールブックにも協会の規約の何処にも書いてないもんで、

そりゃいい加減な悪徳ジムの連中はやり放題って事になる訳で、

ファイトマネーの仕組みを知らさせてないボクサー達はやられ放題ってことで、

結果的には家庭的に恵まれず学歴もない若者の必死の頑張りは踏みにじられ、

夢さえも挫かれてしまうんだよね。

 

 

人が生きていく上では知恵と勇気と愛が大切だと思ってるんだけど、

その3点を完璧な形で備えてる人はとっても少ないんだけど、

それでも普通の人はたまにはその内の一つでも発揮しようとするもので、

悪知恵と蛮行と自己愛の限りを尽くす人間達は唾棄すべきなんだよね。

 

“世に悪党の種は尽きまじ” っていうのは良く言ったモノで、

無反省、嘘つき、不誠実の限りを尽くすサイコパス系に関わると、

それはもう悲劇以外の何物でも無いから、

プロボクサーを目指す練習生達はくれぐれもジム経営者の人物像を見極めて、

ファイトマネーの仕組みに関して納得がいくまでとことん話し合うべきなんだわ。

 

 

 

自分が知った範囲でのその他のジム側の搾取の色々とか、

移籍と移籍金、それにボクサーとジムとの契約解除に関しては、

次回以降ってことで……。

« 5月度ランキング | トップページ | 後楽園ホール・6/14 »