« 12月のベストボクシング | トップページ | 2017年度 年間ベストボクシング »

2018年1月 7日 (日)

村木田渾身競馬

 

 25e35b92a4374cc387fde9bf1c99bb95

“部屋の片隅”

 

オーディオラックとか10段のCDラック、カセットラックそれに、

部屋置きのミニ観葉樹ではなくて、見て欲しいのは左下の競馬新聞の山で、        

これで丁度1年分の108部で54,000円也。

 

去年は全部で266レースに参加して回収率は202%だったんだけど、

7月からの6ヶ月間は104レースに参加し中で、

的中は僅か1レースだけっていうテイタラクで、

1月8日の大穴ゲットで何とか1年間を凌ぎ切ったっていう感じだったんだわ。

 

それでも馬券の買い方を大きく変えるつもりはなくて、

2018年も200レース前後に参加するつもりなんだけど、

勿論1日ごとの収支に拘ることなく、

大体半年サイクルでの収支を管理するつもりなんだよね。

 

 

グレードが1000万下以上のレースで、

かつ15頭立て以上のハンデ戦及び牝馬戦がエントリーの基本で、

10番人気~12番人気の中に狙える馬がいることが最終的な参加条件なんだよね。

 

ちなみに10番人気の1着率は1.5%、2着率は2.4%、3着率は3.7%で、

11番人気の場合には其々1.2%、1.8%、2.9%、

12番人気の場合は其々0.9%、1.3%、2.4%ってことになってるから、

これらを絡ませた馬券をゲットするのはホントに大変なんだわ。

 

更に言えば10番人気~12番人気の連体率は3.9%、3.1%、2.1%で、

3着内率は其々7.6%、5.9%、4.5%だから、

10番人気~12番人気の中から選定した狙い馬を、

どの馬券で狙うのかによって的中率は千差なんだけど、

究極は3連単フォーメーションなんだけどね……。

 

 

2018年競馬初日の昨日は中山11Rに挑戦して、

狙いの穴馬を⑪か⑫で迷って最終的には⑫にしたんだけど、

⑪が3着入線してアララだったんだけど、

もし⑪を選択しても相手馬が違ってたからどっちにしても只の外れだったんだわ。

 

今日も中山11Rが16頭立てのGⅢ牝馬戦にチャレンジするつもりなんだけど、

⑧と⑫でもう少し悩みそうなんだよね。

 

 

 

昨日の午前中は録画しておいた “ミュージック・エア” の中から、

1961年のMJQ(モダンジャズ・カルテット)のベルギーコンサーを見たんだけど、

それは56年も前のモノクロ映像だったんだけど、

未だに充分聞くに耐えるモノだったもんでビックリしたなあ。

« 12月のベストボクシング | トップページ | 2017年度 年間ベストボクシング »