« 後楽園ホール・8月23日 | トップページ | 後楽園ホール・8月30日 »

2017年8月27日 (日)

PLANET 9 (4)

 

Img_1211

 

 

 

≪悪徳系ジムの悪行の色々……。≫

 

前稿でファイトマネーに関する基本的な仕組みを書いたんだけど、

世の中にはその基本を順守しないジムが沢山あって、っていうより、

ちゃんと規程通りのファイトマネーを支払ってるジムの方が圧倒的に少なくて、

自分の中では日本の西半分のジムは殆どがアウトじゃないかと思ってるんだわ。

 

勿論東日本にも彼らを凌ぐほどの超悪徳系も存在するんだけど、

そろそろいい加減に改めないとプロボクサーが減る一方で、

実際最近のマッチメイクの困難さは尋常じゃないほどで、

10年もしたら多くのジムが閑古鳥状態になるだろうし、

テレビ放映される世界タイトル戦以外は存在し得なくて、

一般のボクシング興行は成り立たなくなってしまいそうで、

結局は自分で自分の首を絞めつつあるのと全く変わりないんだわ。

 

そもそもジム経営っていうのは公益事業でもなんでも無いんだから、

悲惨な経営をしてるジムは一日も早く転廃業した方がみんなの幸せな訳で、

ボクサーにしわ寄せしながら悪行を続けてると死後は完璧に地獄行きだし、

生きてるうちにもそのうち必ず天罰が下るって素朴に思ってるんだよね。

 

 

今日は悪徳ジム系の悪行の数々について、

自分が聞き知ってる範囲ではあるんだけど箇条書きで書いてみるね。

 

 

☆ ファイトマネーの取り分は追加チケット分も含めて30%だけで、

ボクサーが売り上げた総額の70%をジムに獲られた。

→A級ボクサーの場合、無償で受け取れる筈の30万円分のチケットのうち

21万円分をかすめ取ってる。

 

 

☆ ボクサーが本来無償で受け取れる筈のファイトマネー相当額のチケットも

追加分チケットと合算して全て額面の80%~90%で買い取らされた。

→追加分のチケットからも10%~20%ほどをかすめ取ってて、

合計の買い取り請求金額の中から現金でファイトマネーを支払った形にしてる。

 

 

☆ 試合をする度に会長の交通費2,000円と1,500円のバンデージ代を

ファイトマネーから差し引かれた。

 

 

☆ スパーでケガをして試合を棄権せざるを得なくなったC級ボクサーから、

会長に対する慰謝料も込みってことで20万円を脅し取った。

(普通はC級のペナルティはファイトマネー相当額の6万円なんだけど、

自分はその時の領収書を確認してるんだけど、これは明白な恐喝罪だね。)

 

 

☆ デビュー戦から15試合分の全部に関して1円のファイトマネーも支払わず、

合計300万円以上を踏み倒した。

 

 

☆ 最初の日本タイトル戦のファイトマネーは全くのゼロで、

初防衛戦の際に5万円だけ貰った。(通常は100万円)

 

 

☆ そろそろ引退しようかと思ってるボクサーに対しては、

OPBFタイトル戦のファイトマネーを20万円しか支払わない。(通常は100万円。)

 

 

☆ 3回のOPBFタイトル戦で合計600万円以上のチケットを捌いたが、

色々ゴタクを並べられて合計50万円ほどしか貰えなかった。

 

 

☆ A級、B、C級の区別も無くファイトマネーは一律12,000円/Rで、

それも全てチケット払いが前提でそれは要するに、

1ラウンド当たり現金換算で6,000円のファイトマネーってことで、

4回戦なら24,000円、6回戦で36,000円、8回戦でも4,8000円ってことで、

まさか嘘だと思うだろうけど、何なら○○ジムに確認して欲しいところなんだけど、     

この地区では他にも15,000円/Rとか20,000円/Rとか色々あって、

コミッションとか協会のルールなんてまるでシカトの無法状態なんだよね。

 

 

☆ 試合をする気がないのに勝手にマッチメイクされてしまって改めて断ったら、

練習はしなくていいからとにかく体重だけ合わせろ、

で、当日は1~2発喰らったところで倒れろ、

そしたら俺がタオルを入れてやるからって八百長試合を強要された。                                                            

 

☆ 試合を断ったらお前が自分でプロモーターに直接話せって言われて、

話をしたら代わりにタイ人を呼ぶから90万円払えって言われた。                                                            

 

☆ 世界戦を組んでやったんだからファイトマネーゼロは当然だし、

掛かった費用を取り戻すまでは延々のゼロファイトマネーだってさ。

 

 

☆ デビュー戦から膨大なチケットをノルマとして課せられて、

C級なのに40万円分のチケットを押し付けられた。

 

 

☆ ノルマとして与えたチケットを完売出来ない場合には

不足分をそのボクサーに対する貸金として、

次回次々回の試合の際に精算させようと仕組むんだけど、

次回次々回にもチケットノルマを課せられるもんで精算は延々で、

ボクサーはまるで多重債務者のようにされてしまうんだわ。

 

 

☆ 個人的な応援者が支給したトーナメントの優勝プレゼントの50万円の内、

40万円以上を抜き獲られた。

 

 

☆ 追加分のチケット代はコミッションに納めることになってるからと称して、

会長夫人が全額を搾取した。

 

 

☆ ジム会長の親族の損保外務員に強引に車の保険を変えさせられた。

 

☆ ジム会長の親族に無理矢理新興宗教に入れさせられた。                                                            

 

☆ 2ヶ月後のデビュー戦に関して会長から打診を受けその場ではOKしたが、

一晩考えてやっぱりまだ自信がなかったもんで翌日に断ったら、

違約金として8万円獲られた。

 

 

☆ 休会届を出してるのに登録料だと言われて月々2,000円を獲られた。

 

 

☆ ランカーになった時点で月謝を免除されたが、

ノーランカーに戻ったら免除されてた期間の月謝をまとめて請求された。

 

 

☆ チケット代に消費税を乗せられて請求された。                                                        

 

☆ ジムから仕事先を紹介されたことでファイトマネーの誤魔化しを正当化された。                                                          

 

☆ 別なジムに移ったら今までと同じくらいのチケットを捌いたのにも関わらず、

手取り分が2倍から3倍に増えた。                                                             

 

☆ スパーリングに呼ばれて行って相手方ジムから謝礼を貰ったんだが、

3分の1を所属ジムに獲られてしまった。                                                               

 

☆ マスコミの取材があって謝礼が出たんだけど、

ジムに振り込まれたまま本人には1円も渡らなかった。

 

 

☆ テレビから出演料が出た筈なんだけどなあ……。               

 

 

 

 

もっと色々あって忘れてしまったモノも多いんだけど、

それでも悪徳ジムの悪徳さは充分伝わったんじゃないかと思うんだけど、

悪徳ジム系はとかく悪徳系同士でつるむことが多いから、

よく見てると悪徳系の人脈が透けて見えてくるんだよね、

 

悪徳系ジムで育ったボクサーが自らジム経営に乗り出した際には、

悪徳系を引き継ぐケースが多くてその系譜が見えてくるんだけど、

自らが酷い目に遭わされたからきちんとしようと思うケースは皆無で、

現役時代に搾取された分を取り戻そうとするみたいなんだよね。

 

その他、ちゃんとしたジムで育った筈なのに悪徳系に染まってしまって、

一門から破門されてしまったような情けないケースもあるんだわ。

 

 

ボクサーの悲惨さは少なからず伝わったかと思うんだけど、

一方ではボクサーの方が勘違いしてるケースも多くて、

ジムとの間に無用な誤解やトラブルを生じてる場合もあって、

特にマスコミ系からの謝礼等に関しては、

別途のマネージメント契約が必要だと思ってるんだよね。

 

 

悪徳ジムの悪徳さの羅列で気が滅入ってしまうんだけど、

世の中には普通にちゃんとした、或いはとっても温かいジムも勿論あって……、                                                             

① 規程通りのファイトマネーは当然きちんと支払う。

② 他ジムへの移籍に際してはその理由に関わらず移籍金を一切取らない。

③ 自腹を切って移籍してきたボクサーには負担額分の月謝を免除する。

④ マスコミ系とかスパー相手からの謝礼等は全額をボクサーの収入にする。

⑤ ファイトマネーを現金払いにするかチケットにするかをボクサーに選択させる。

⑥ 他ジム興行の場合の追加チケットに関しては一切マージンを乗せない。 

⑦ 追加分チケットが順調に捌けてるかどうかを試合の10日前に確認して、

   苦戦してる場合ならジムが後援者に販売協力を依頼する。 

 

とにかく①が大前提なんだけど、ジムの大小を問わず、

②~⑦の幾つかを或いはその全部を充足するジムもあるんだよね。

 

 

ボクサーにとっては悪徳ジムにはめられてしまうか、

ちゃんとしたジムに所属するかではそれこそ天国とドブほどもの差がある訳で、

以前にも書いたけど今練習してるジムでそのままプロテストを受けるか否か、

っていう点に関してはくれぐれも慎重であるべきなんだよね。

 

 

次回はボクサーのジム移籍に関する事を書いてみるね。

 

 

 

ところで今日の世界タイトル戦なんだけど、

ちゃんとファイトマネーが支払われるのかなあ……。

 

 

メイウェザーの試合はアリと猪木がやってたおふざけ色物系と同じで、

金儲けの為の茶番以外の何物でもないから勿論見るつもりはないけど、

亀海喜寛さんとミゲール・コットの試合は必見だよね。

 

 

« 後楽園ホール・8月23日 | トップページ | 後楽園ホール・8月30日 »

コメント

先日コメントさせてもらったものです。
自分のジムはまだましなほうでしたがチケットの追加分は7から8割ジムに納めてました💦
200枚近くは売ってましたが。

酷いところは本当に酷くてこのような情報公開はわからない部分が多いので勉強になります。

協会やJBCはこのファイトマネーの問題はいつまで傍観するのか気になります。

公開しづらいご質問だと思いますが村木田さんは今回のこのブログのシリーズは業界に反発されるところもあると思いますがこれらの公開をしてみて村木田さんとしての落としどころはどうお考えなんですか?

一ブロガーなので難しいところですがどこかを動かして救済したい選手がいるのでしょうか?

どこかのジムを罰したいのですか?協会等に対して明確な規定を設けるために署名活動をするためへの情報公開なのですか?

投稿: 某関係者 | 2017年8月27日 (日) 10時33分

酷いなんてもんじゃないですね…
プロボクサーの多くがまだ若いし、そのジムからプロテストを受ける段階なら更に若い。そんなにお金の事とか、ジムの待遇などを深く考えないでプロになっちゃうんですよね。

村木田さん。悪徳ジムの名前を出すのは中々難しいと思いますが、良心的なおすすめジムだけでも公表出来ませんか?知りたいです。

やはり大手のジムだったり、チャンピオンが何人も出来るジムは正常な待遇なんでしょうが。

小さいけど「ここのジム良いな~」ってジムがあったら教えて下さい!

知り合いや、これからボクシングをやりたいって若者や子供がいたらお薦めしたいです。

一人でも新しい犠牲者が出ないためにも…

投稿: ダニーロメロ | 2017年8月27日 (日) 12時03分

ところで今日の世界タイトル戦なんだけど、

ちゃんとファイトマネーが支払われるのかなあ……。

えっ亀海選手タダ働きなの?

投稿: 通りすがり | 2017年8月27日 (日) 17時09分

国内の地方興業についてでしょ…

投稿: | 2017年8月27日 (日) 18時57分

熊本のチャンピオンと神戸のチャレンジャーに、正当な報酬があると良いのですが。選手の待遇が改善されないと、この競技は、廃れていくのは、間違いないですね。

投稿: ただのボクシングファン | 2017年8月27日 (日) 21時08分

さらっと世界タイトルマッチでファイトマネー0と書いてあるのを見て驚愕。

多分タイとかのアウェーに噛ませとしていったか、
日本所属の外国人とか、
世界ランカーでも弱い立場の選手なのかなと思うけど、さすがにな。

投稿: | 2017年8月28日 (月) 01時07分

☆ 某関係者さんへ。
                                      
貴方が売り捌いた200枚のチケットが追加分ということであれば、
額面の70~80%引き取りっていうのはほぼ妥当だと思いますよ。
                                         
自分の落としどころは既に定まってまして、
そこに至る動きは既に始めてるんですけど、
業界としての最終的な落としどころについては
自分が関与するべきではないとも思ってまして、
素人が出来ることの限界は知ってるつもりなんですよね。
                                        
悲惨な目に遭ってるボクサーに関しては訴訟のサポートをしたり、
警察との関わり方について微力ながら相談に乗ってるんですよね。

投稿: 村木田一歩 | 2017年8月28日 (月) 07時30分

☆ ダニー・ロメロさんへ。
                                           
自分は一応ペンネームでこのブログを書いてますが、
業界の多くの関係者に素性がバレてしまってまして、
お薦めのジムについてもお薦めじゃないジムに関しても
この場で申し上げることはとっても出来ないです。

投稿: 村木田一歩 | 2017年8月28日 (月) 07時39分

☆ 通りすがりさん、ただのボクシングファンさん他へ。
                                           
自分が知ってる限り、
所属ボクサーの処遇に関しては帝拳ジムは群を抜いてると思いますよ。
                                      
勿論それは財政的な裏付けがあってのことだとは思いますが、
ご本人の名誉の為に敢えて申し上げますが、
本田会長は個々のボクサーを実に冷徹に見てる反面、
ことボクサーの報酬面は常に最良でありたいと考えてる人だと思いますよ。

投稿: 村木田一歩 | 2017年8月28日 (月) 08時10分

 自分のジムはジムの窓口でチケットを買う際も
ジムから買うか、選手から買うかを選択できたので
こういうシステムは珍しいのだと感じました。

ジムからチケットを買うと割引で販売、選手から買うと額面通りだけれども、その分選手にお金が渡るという内容です。

こういうのも会員数の多さなど経営が安定していることが基盤にあると思います。

ボクシングに専念して正当な報酬を得る当たり前のことすら困難な場合も多いことを知り、衝撃でした。まずは現状を多くの人が知り、ジムの選択を誤らないようにしてほしいと感じました。

投稿: 元ボクサー現在ボクシングファン | 2017年8月28日 (月) 16時45分

悪徳ジムが淘汰されるのと同時に、このままでは業界全体が時代の遺物になる可能性が非常に高いと思います。

これはアマチュアボクシングにも同じことが起きていて、悲しいかな前述より悲惨です。

投稿: 北側の席が好き | 2017年8月28日 (月) 19時51分

実態はけっこう酷いですね…
ジムと選手の関係を雇用契約とするのか業務委託契約とするのか、それはジムによって選択の余地があって良いと思う。選手に給与を払うにも元手が必要です。ジムも慈善事業ではないので利益が必要です。ジムが選手の売上から中抜きするのは正当な行為だと思う。問題は中抜きの割合で。業界として中抜きの割合を指定するのは余り意味がないと思う。ジムと選手間に統一の契約書フォーマットを作り、プロボクサーとなる際にその契約書のコミッションへの提出を義務づけるのはいかがでしょうか。給料制用、歩合制用の契約書どちらかで。書面で整理する案はいかがでしょうか。

投稿: oldfan | 2017年8月28日 (月) 21時00分

☆ 元ボクサー現在ボクシングファンさんへ。
                                      
仰る通りの構造ですからチケットを購入する際には、
なるべくボクサー本人から購入する方がボクサーのサポートに繋がるんですよね。
                                       
身を切り詰め仕事に支障をきたしながら頑張ってるボクサー達が、
処遇面でのその余りのバカバカしさに気付き始めて、
プロ志望者が激減しつつあるのが現状なんですよね。

投稿: 村木田一歩 | 2017年8月29日 (火) 07時03分

☆ 北側の席が好きさんへ。
                                        
以前からアマ連盟のエライさん達からは、
優秀なボクサーのプロへの供給元としての奢りのようなものが感じられて、
余りいいイメージを持ってないんですけど、
あるアマの大会で有能な高校生に近づいていって、
何なら○○大学のボクシング部を紹介してやるってエラそうに言ってきたもんで、
その高校生ボクサーの親が 「あんたなんかの世話にはならない!」 って、
大声でどやしてた場面を見たことがあるってある人から聞いたこともあるんですよね。

投稿: 村木田一歩 | 2017年8月29日 (火) 07時28分

☆ old fanさんへ。                                          
ジムとボクサーとの間のマネジメント契約の法律的な裏付けに関しては、
JBCや協会の見解を待ちたいと思ってるんですが、
ボクサーの報酬を給料とみるか歩合なのかって点に関しては、
全く議論の余地はなく歩合に近いモノだと思うんですが、
その事を明白にする事自体はそれほど重要だとは思ってないんですよね。
                                          
試合に際してジム側が取得する金額はあくまでマネジメント料として理解すべきで、
中抜きっていう言葉は悪意に満ちてて相応しくないと思ってまして、
中抜き比率を自由にさせるといった考え方にも全く賛同できないんですよね。
                                        
oldfanさんは若干勘違いされてるようですが、
現状でもジムとボクサーとの間にはマネジメント契約が交わされておりまして、
その契約書はJBCにも提出されてる訳でして、
そこに明白にマネジメント料は33.3%と記載されてるにも関わらず、
それが遵守されていないことこそが大問題な訳でして、
その比率を自由にさせるっていうのは、
それこそ言語道断だとさえ言えると思うんですけどね。

投稿: 村木田一歩 | 2017年8月29日 (火) 08時08分

事情もあり、ホールから足も遠のいた元ボクシングファンです。
それでも時々は村木田氏のブログを拝読させていただいております。
今回の記事のシリーズは、村木田氏のプロボクシングと選手への、覚悟を秘めた総括だと思い、胸が熱くなりました。
できれば同時多発的に、組織改革への声が上がると事態も動きやすいと思いますが、まずはこの狼煙に意義があると思われます。衝撃でしたよ。

案外ボクシングジムでプロ選手の在籍なしの一般会員のみで、経済的に成り立っているところも多いようです。
一般会員が少ないせいで、結果所属のプロボクサーに依存しているジムもあるんではないでしょうか?
そういうジムは、淘汰されていって当然ですよね。

自分の愚考で恐縮ですが、一般向けのジムとプロ加入ジムとの役割を明白に分離させた方が良いと思っています。
その上で、プロを預かる指導者たちの生活と質の向上を願いたいですね。
チャンピオンになっても、所属するジムによって得られる金額が違い過ぎるのは、チャンピオンを目指す選手の士気にかかわります。
せめて王座に関してだけは、最終的にジムではなく協会も保証すべきだと思いました。

長文失礼致しました。
発言の場を感謝します。
ボクシングが存続発展することを、陰ながら応援します。以上。

投稿: 元ボクシングファン | 2017年8月29日 (火) 14時02分

亀海選手ファイトマネーゼロっぽいね
試合組むのに金かかるから仕方がないのかな
もし勝ってたら名前売れるし妥当なんだろうけど

投稿: | 2017年8月29日 (火) 20時34分

悪徳ジムによって憂き目に合っているボクサーがいる。それを解決に向かわすためには村木田さんの様に自身が勉強して、自らがJBCや協会なりに訴えかけないといけないですよね。ただ嘆いているだけでは...ボクサー達、自分のことだけでなく、己のいる業界に対して、もう少し興味持て。
まあそれは置いといて。
ジムとマネジメントを乖離させるとして。
ジムはあくまで練習場。練習場として使用料・トレーナー料を支払う。
マネジメントは別。マネジメント会社の様なのがあったとして、マネージメント料として一定額を収める。
例えばこのようなシステムを取り入れたら、現状の日本の業界で考えた場合、得するボクサーはほんの一握りだと思うのですが。

投稿: old fan | 2017年8月29日 (火) 23時59分

元ボクシングファンさんへ。
                                       
ボクサーの処遇改善は最終的には業界が本来あるべき姿を取り戻し、
ステイタスの向上にも利すると思ってまして、
自分なりに色々の段取りを踏んでるつもりなんですよね。
                                          
仰る通り、プロボクサーやプロ志望の練習生を抱えながらも
一般の健康会員の充実を図ることによって
経営基盤を強くすべく努力してるジムは幾つもありまして、
あのワタナベジムでさえ夜中1時~2時まで営業時間を拡大してるんですよね。
                                       
一般会員が所属のプロボクサーを応援すべく、
チケットを購入するっていうことも充分期待できる訳でありまして、
月謝と共にジムとボクサーにとっての重要な収入源になっているんですよね。
                                         
比較的小規模のジムでも一般会員の数の充実と定着率を高める為の一助になればと会長やマネジャーがこまめにブログを更新してたりしてるんですよね。
                                       
ただ、貴方が提案されたプロジムとアマジムとを区別させること及び、
チャンピオンクラスのファイトマネーを協会が裏付け保証するっていう考え方には
自分は100%反対でありまして、
ジムをプロ系とアマ系に分離させるっていうのは上述した現状に反するものですし、
二番目についてはそもそも協会の職務外の案件ですし、
C級ボクサーと世界チャンピオンとを差別処遇する合理的根拠は無いって、
自分は思ってるんですけどね。

投稿: 村木田一歩 | 2017年8月30日 (水) 08時22分

☆ 無名さんへ。
                                         
憶測で何かを言ったり書いたりするのは正しくないと自分は思ってまして、
もし疑問を解きたいなら直接帝拳ジムへ電話して確かめてみたら如何ですか?


投稿: 村木田一歩 | 2017年8月30日 (水) 08時33分

☆ oldfanさんへ。
                                        
最後のところが若干解り難かったのですが、
oldfanさんの仰ってる事は正にアメリカにおける
ボクシング業界のシステムそのものなんですよね。
                                        
それはそれでメリットがあるから続いてるんですけど、
日本独特のジム制度が日本のプロボクシングを育んできたっていう事実も見逃せないと自分は思ってまして、
それを根本から覆すっていうのはガラガラポンが過ぎるって思ってるんですよね。
                                         
最善であろうと思われるプランというものは、
一握りのボクサーの為のものではあってはならないとも勿論思ってるんですけどね。

投稿: 村木田一歩 | 2017年8月30日 (水) 08時50分

ご返信有難うございます。
愚考を改めました。

言い訳ですが、マクロな自分の周りでは、トレーナーでさえ、ファンと一緒になって「(業界の)裏側知ると純粋に(試合を)楽しめない」と言い、業界の裏話にも触れるのを忌避する人間の方が多かった。
また自分が知っていたジム等でプロになり、名義貸しで他所のジム所属扱いになったのも少なからず目にしました。

村木田氏は巨視的に「業界全体がすたれないため」を色々考えられておられる。
記事の続きが怖くもあり楽しみでもあります。
読む・読まないは、その人間次第ですね。

投稿: 元ボクシングファン | 2017年8月30日 (水) 13時53分

☆ 元ボクシングファンさんへ。
                                       
業界の裏側やその試合に隠された事実を知ると、
その余りの酷さにボクシングなんかから足を洗って身を引こうかとさえ思ってしまうことが多いのは全く仰る通りなんですよね。
                                       
自分のように煩くウダウダいう人間がいなくなることを喜ぶ業界人の期待に沿うことは
とっても腹が立つし、そもそもボクサーが可哀相過ぎるし、
そもそもボクシングが大好きなもんで踏ん張ってるんですよね。
                                        
つい最近聞いた話も余りの悲惨さに胸が痛くなりまして、
そのジムの会長を殴り倒したい衝動さえ感じたんですけど、
そのボクサーを救い出すことに微力を尽くそうって思ってるんですよね。

投稿: 村木田一歩 | 2017年8月31日 (木) 07時23分

悪行 ファイトマネー搾取、棒で又は、フライパンで叩く、不当な違約金、選手同士にケンカをさせる、夜遅く関係無い者を連れて大声出して押しかける、休会を申し出ると引き落としが始まっているからと1月分月謝を取り三千円を二千円に負けるといい休会中も金を取る、

投稿: 一本気大将 | 2017年8月31日 (木) 21時46分

元世界チャンピオンのファイトマネーが0円~5万円と聞いたことがあります。階級を上げて亀田興毅と対戦したかったみたいですが、叶わす引退してしまったようです。

投稿: | 2017年8月31日 (木) 23時44分

夜分遅くに失礼します。
コメント欄がこちらのみの開放でしたので、8/30の興行の件を書かせていただきたいと思います。見当違いの話でしたら申し訳ありません。
青木クリスチャーノ選手の黒い話の件は、青木選手の奥さんが試合後にツイッターで暴露していました。(現在は鍵アカにされてます)
鳶の仕事中に仙骨を骨折して違約金を何百万と要求され仕方なく出場したんだと。
これもジムの問題なんでしょうか?

投稿: | 2017年9月 1日 (金) 02時03分

☆一本気大将さんへ。
                                       
悪徳系ジムは大きな単位のカネから小銭に至るまで、
どうしたらかすめ取れるかって日夜算段してるって感じで、
毎日そういうのに付き合わされると心が捻じれてしまいそうなんですよね。
                                           
それとパワハラ系の嫌がらせの数々もよく耳にしまして、
下劣な品格の人間がトップに立つと悲劇以外の何物でもないんですよね。

投稿: 村木田一歩 | 2017年9月 1日 (金) 07時25分

☆ 無名さんへ。
                                         
そのての話には全くこと欠かないって感じでして、
コミッションも協会も放置し続けてるもんで、
悪徳系ジムがのさばり続けてるんですわ。
                                         
規定や協約を守らない悪徳系が諸悪の根源であることは間違いないんですが、
極論すればコミッションも協会も不本意ながらも
彼らの片棒を担いでると言わざるを得ないんですよね。

投稿: 村木田一歩 | 2017年9月 1日 (金) 07時38分

☆ 無名さんへ。
                                        
貴方の仰ってることは見当違いではありませんで、
自分は明確な金額を把握してるんですよね。
                                          
このての話は従来から枚挙にいとまがありませんで、
少し前にも八百長試合のようなものを強要された話が届いてるんですよね。
                                         
移籍や移籍金に関するルールが確立されてないのと同様に、
病気やケガで試合を棄権せざるを得なくなった際の
処理のあり方についても明確に文章化されてないようなところがありまして、
ファイトマネー以上のチケットを売り上げた分までの丸々を
ペナルティとして請求するジムさえあるんですよね。
                                        
無理を押して試合をさせた結果取り返しのつかない事故を起こしてしまったら、
そのジムはどういう責任をとるつもりなのかって自分の憤りも半端じゃないんですよね。
                                        
現在のところ基本的な約束事になってるのは、
棄権せざるを得なくなった場合には自らのファイトマネー相当額の現金を
違約金としてプロモーターに支払えばいいことになってましてその金額を、
プロモーターと相手方ボクサーとで折半して決着することになってるんですけどね……。


投稿: 村木田一歩 | 2017年9月 1日 (金) 08時28分

村木田さんが悪徳ジムの件を取り上げて下さり少しでも改善される事を願いますが自分の心配もして下さい❗相手は悪徳ですから何するか判ったモンじゃないです。
自分は元アマチュアボクサーでプロの経験はありませんがボクシング大好きで今でもボクシングに関わりがあります。アマの状況も酷くボクシング嫌いになってしまうなぁと思っています。

投稿: アマチュアボクサー | 2017年9月 1日 (金) 09時54分

先日、後楽園ホールにて貴重な時間を頂き
私の話を聞いて頂いて本当に感謝してます。
ありがとうございました。

私自身が思う事でありますが
プロボクサーが試合するにあたって
契約書たる物が無いのが おかしいと思います。

試合の日時 会場
相手選手
交通費、宿泊費、食費
ファイトマネー
やむ得ず棄権した場合の違約金
等をハッキリした上で
選手がサイン、捺印(選手が未成年の場合は保護者のサイン、捺印)をして初めて試合契約が成立すると思うのですが・・・
ジムに脅されて無理矢理サイン捺印させられては元も子もないですが・・・それでも書面等で少しでも残せれば 多少なりともボクサー達を守ることが出来るかなと。


投稿: 随分 昔のボクサー | 2017年9月 1日 (金) 10時02分

昨夜、青木クリスチャーノ選手の件でコメントした者です。こちらへの書き込みは初めてで勝手が分からず、無名で投稿してしまい申し訳ありません。ご返答を頂きましてありがとうございます。

業界における金銭トラブルにつきましては、表に出ている範囲で見聞きしておりましたが、選手の健康ないし命までもがこんなに軽視されている事に恐怖を覚えました。

今回の件は、ツイッターによる身内の暴露によりハシクレの私も事態を把握することが出来ました。
現在、件のツイッターは閲覧出来ない状態で、関係者に注意を受けた為と推察しております。
奥さんが暴露を後悔しているか、スッキリした気持ちになっているのかは分かりかねますが、こういった問題に直面した場合は何かしらの形で公表していかなければならない、でなければ悪習の被害者ではなく、自らも片棒を担いだことになる、と私は考えます。

村木田さんの元には、多くの悲痛な叫びが届いているのでしょう。
私もボクシング好きのハシクレとして、ボクシングがずっと好きでいられるように、業界の在り方について目を光らせていきたいと思います。
今後もブログや皆様のコメントを熟読させていただけたらと思います。
頑張ってください。

投稿: ボクシング好きのハシクレ | 2017年9月 1日 (金) 22時16分

☆ アマチュアボクサーさんへ。
                                         
これでも多少の腹は据えておりますから、
自分がやれる事はやり通してみようと思ってるんですよね。
                                         
アマボクシングは全く見ないもんで詳しい事情は知らないんですが、
耳に届いてる話では連盟の元締めは大昔の競艇のドンみたいな人間のようですね。

投稿: 村木田一歩 | 2017年9月 2日 (土) 07時12分

☆ 随分昔のボクサーさんへ。
                                    
通常、ジムとボクサーが試合ごとに契約を交わすことはありませんで、
3年ごとに更新されるマネジメント契約が基本になってるんですよね。
                                        
ただし、試合ごとにプロモーターから提出される興行明細に基づいて、
各ジムがボクサーに対してファイトマネーの支払い明細を発行しますから、
ボクサーはそれを確認することになるんですよね。
                                         
何はともあれボクサーはその明細書を保存しておくことが肝要で、
もし以降に問題が発覚した場合の対処に際して重要な証拠になるんですよね。
ただ、そのファイトマネー明細書さえ発行しないジムも世間には存在する訳でして、
そういうジムは多分何から何までがデタラメで、ジムの経理処理も所得税法に違反してるケースが多いって思ってるんですよね。
                                       
ファイトマネーの支払明細書には違約金に関しての記載は全く無いのが普通でして、
JBC発行のルールブックにも協会の規程集の中のどこにも
それに関する記載が無いのが現状なんですが、
まともなプロモーターの下(もと)でのまともなジム同士での間では、
棄権せざるを得なくなった方のボクサーが、
ファイトマネー相当額を支払うことで解決する、
っていうのが取り敢えずの約束事になってるんですよね。


投稿: 村木田一歩 | 2017年9月 2日 (土) 07時48分

☆ ボクシング好きのハシクレさんへ。                                          
そうなんですよね、ジムはボクサーの命を何だと思ってるのかって事でして、
結局は金儲けだけを目的としてジム経営してるに過ぎませんで、
そんな悪徳系命軽視系ジムからの様々の脱出方法に関しましては
来週に書いてみますので宜しかったらまだおいで下さい。

投稿: 村木田一歩 | 2017年9月 2日 (土) 08時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« 後楽園ホール・8月23日 | トップページ | 後楽園ホール・8月30日 »