« 後楽園ホール・8月5日 | トップページ | 後楽園ホール・8月10日 »

2017年8月 8日 (火)

PLANET 9 (序)

 

Img_1211

“冥王星”

 

最新のNASA情報によると宇宙には2兆個ほどの銀河があるってことなんだけど、

自分達が属する天の川銀河はその中の一つである訳で、

その天の川銀河には2,000億個以上の恒星が存在してるんだけど、

その中の一つが太陽なんだよね。

 

自分らが子供の頃には恒星である太陽には9個の惑星があって、

太陽に近い順から “スイ、キン、チ、カ、モク、ド(ッ)、テン、カイ、メイ”

って憶えさせられたもんなんだけど、

最後の “メイ” である冥王星は今では太陽の惑星から除外されてて、

冥王星ほどの大きさのモノを含めておよそ1,000個程の小天体の集合ってことで、

2009年に突然 “準惑星” に格下げされてしまって、

だから現在では太陽の惑星は8個ってことになってるんだよね。

 

ところがところが、更に最近の研究によると太陽系の最外縁部、

冥王星の更に遠くに新たな惑星が存在してるって言われ始めたんだよね。

 

その存在はまだ立証されておらず勿論誰も見たことがないんだけど、

9個目の太陽惑星ってことで “PLANET 9 (プラネット・ナイン)”

って仮称されてるんだわ。

 

地球から冥王星までの距離は50億㎞ほどもあって、

1秒間で地球を7周半する光速でも5時間かかるし、

時速300㎞の新幹線なら1,900年もかかるほど遠くにあるんだけど、

“PLANET 9” は更にその遠方だから探査するのに膨大な時間を要するんだわ。

 

 

 

ってここまで書いてくると、久し振りの宇宙モノかって思われそうで、

ブログのこのタイトルも一見太陽の第9惑星に関するシリーズのように見えるけど、

実は宇宙に関して何か書くつもりは全く無くて、ここまではいわゆる前説であって、

プロボクシングに関する色々のことを適宜書いてみようと思ってのことなんだわ。

 

 

自分がプロボクシングに深く関わるようになったのはここ15年ほどのことで、

いつの間にか300人程のボクサーと40人程のジム会長それに、

コミッションや協会の役員さん達とも親しく言葉を交わすようになったんだけど、

そういう多くの人達との関係からもたらされた種々雑多な情報の中には、

自分の気持ちを落ち込ませる案件も驚くほど多くて、

この業界が抱えてる数多の矛盾と不都合の根深さは想像を超えてるんだわ。

 

60年間に亘って業界の体質を改善できない理由も実はそこにある訳であって、

自分なんかのような素人が入り込む余地は全く無いようにも思うし、

そもそも生意気だし不遜だと思わないでもないんだけどね……。

 

正直、ボクシング界の現状はある意味悲惨と言えなくも無くて、

本来あるべき姿とは余りにもかけ離れ過ぎてると思ってるんだけど、

数々の矛盾と不都合とを適宜排除していけば将来の見通しはきっと明るくなるし、

希望を持った若者達がもっと沢山集まるようになるんじゃないかとも思ってて、

そこに存在するかどうかは解らないんだけど、

自分なりの “PLANET 9” を探ってみようと思ってるんだよね。

 

 

自分はボクサーの処遇というか待遇改善こそがまずは第一義だと思ってて、

全てはそこから始まるって考えてるんだけど、

業界が抱えてる多くの矛盾とか組織的な不都合だとか、

コミッションや協会が設定してる各種の規程上の欠陥や不合理性等について、

全てをボクサー第一主義っていう観点から分析し直して、

ジムとボクサーとの間の契約の法的な位置づけや、

ボクサーの処遇に関する膨大な不誠実、圧迫、規程違反の数々について、

彼らを取り巻く大人達の都合だけで進められてきたこれまでを回顧して、

まずは各種の例を挙げて問題点を指摘しつつ、

ボクサーあってのジム、コミッション、協会だってことを

自分なりに再確認したいと思ってるんだわ。

 

もとより自分の誤解に基づく勘違いに陥るケースも有ると思うんだけど、

それは適宜周囲の人達に指摘して貰って修正しながらは当然のことで、

色々調査と考えを及ばせながら行動することによって、

自分なりの “PLANET 9” を探したいって思ってるんだよね。

 

 

試合観戦の合間を縫っての思いつくままになると思うんだけど、

1年間ほどをかけての完結を目指してるから、

心ある人は適宜読み続けて下さいな。

 

 

 

« 後楽園ホール・8月5日 | トップページ | 後楽園ホール・8月10日 »