« 後楽園ホール・1月23日 | トップページ | 2月のボクシングスケジュール »

2017年1月27日 (金)

psychopathy

 

Img_1019

“スティーブ・ジョブズ”

 

 

 

自閉症スペクトラム症候群と診断される人は、

人口100人に1人の割合で存在しているとされてて、

それは洋の東西や古今を問わずらしいんだけど、

同じ比率だけ “psychopathy” も存在してるって言われてるんだわ。

 

正式にはサイコパシーなんだけど、所謂 “サイコパス” ってことで、

究極の自己中であることに何の反省も持たない連中の総称のことなんだよね。

 

サイコパスの典型としてはブラック企業の経営者達がまず頭に浮かぶんだけど、

それでもサイコパスはその存在そのものが全て悪っていう訳でもなくて、

周囲が迷ってる時にもいとも簡単に重大な結論を導き出すことも出来るもんで、

国家や会社などの組織の方向性を示すプレゼン上手でもあって、

企業経営者とか国家元首として有能な手腕を発揮することもあるんだわ。

 

研究者達の調べた結果では、例えば織田信長やケネディ大統領それに、

マザー・テレサもサイコパスだったって言われてるんだよね。

 

博愛主義者のマザー・テレサが何故?って感じがするんだけど、

彼女は自らの名声が上がることにはやたら奔走して大成功したんだけど一方、

個々の子供達には何の関心も払わなかったことで有名だったんだってさ。

 

 

冒頭の写真は言わずと知れたアップルの創始者スティーブ・ジョブズなんだけど、

実は彼もサイコパスだったらしいんだわ。

 

共同経営者だったウォズニアックと会社創立前に共同の仕事をした際、

その報酬が5,000ドルだったにもかかわらず、

700ドルの仕事だったって称してウォズニアックには350ドルしか渡さず、

残りをネコババしたのは有名な話だし、アップルの経営に携わってた時にも、

部下達に対する扱いがブラック企業経営者並みで、

その後業績が悪くなった際に再度招聘されはしたけど、

そのあまりの意地の悪さに一時は社員達に追放されたこともあるんだよね。                                                        

 

他人に対する思いやりの無さ加減を見るにアメリカの新大統領のD・トランプも

実はサイコパスじゃないかって自分は思ってるんだけどね。

 

 

サイコパスはその性向上の特徴が反道徳、反社会的に現れることも珍しくなくて、

残酷な殺し方をする連続殺人犯とか、詐欺師なんかはその典型なんだけど、

殺人犯、詐欺犯として捕まるサイコパスは “負け組サイコパス” と呼ばれてて、

結局は自らの欲望を抑えきれないまま最後は社会から隔離されてしまうんだけど、

面倒なのは “勝ち組サイコパス” と称される人間達で、

一般社会の中に混じり込んだまま人々にストレスを与える続けるんだわ。

 

 

彼らの日常行動上の特徴としては……、

 

☆ 他人に対する共感性が無く、自らの損得に関係ないことには無関心。

☆ 他人の身体的精神的苦痛に対する思いやりが全く無い。

☆ 自分より立場の弱い人間に対しては強圧的な態度を取る。

☆ 山ほどの嘘を重ねても全く心が痛まない。

☆ 嘘がバレても全く恥じることなく平然としてまた嘘を繰り返す。

☆ 心にもないお世辞が上手で人コロガシが上手い。

☆ 他人と長い期間信頼関係が結べず、関係が切れた人間の悪口を言う。

☆ 自分は不当に非難されてるという被害者意識が強い。

☆ 一方では孤立感を強く持ってて臆病でもある。

☆ 自分を良く見せようと主張をコロコロ変えるし、経歴詐称も多い。

☆ 性的にルーズ。

 

以上をざっとまとめると……、

サイコパス系人間の特徴としては虚偽性や衝動的攻撃性が強くて、

不誠実で無責任であり良心の欠如が著しいってことが言えるんだよね。

 

 

何故そういう風になるのか、どうしてサイコパスが生まれるのかっていうと、

未だ完全には解明されていなくて、脳科学の進歩に期待するところなんだけど、

サイコパスの人間の脳に関して現在までに解ってることは、

大脳辺縁系にある扁桃体の体積が通常人より小さくて活動性も低く、

前頭前皮質との結び付きも弱いっていう特徴があるんだってさ。

(一方、自閉症スペクトラム症候群はサイコパスとは逆に、

この扁桃体が一般人より大きいらしいんだよね。)

 

それは若干遺伝的要素でもあるんだけどそういう遺伝的特性を持った人間が、

幼少時に虐待を受けたこと等でサイコパスとしてのスイッチが入るらしくて、

かのS・ジョブズも結局最後まで実父に会うことを拒否し続けたし、

つまりある意味自己防衛本能がサイコパスに変身させるってことで……。

 

サイコパスの身体的な特徴は特に頭蓋骨に現れるらしくて、

それはテストステロンの分泌量に関係してるらしいんだけど、

細面の人にはサイコパスは少なくて、頬骨が張っているというか、

顔の長さより幅の広さが目立つような風貌をしていがちなんだってね。

 

 

今のところ100人に1人存在すると言われてるサイコパスなんだけど、

その比率が極端に大きくなったり小さくなるってことが無いのがちょっと不思議で、

そういう意味では人類が潜在的普遍的に抱えてる生物としてのロスのような、

そういうもんじゃないかって自分は思ってるんだけどね……。

 

 

どんな人間でもサイコパスの特徴として挙げた事例のどれにも該当しない、

っていうことは無いと思うんだけど、その程度は軽微なものでかつ、

項目の全てに該当するっていうことはないと思うんだけど、

自分はボクシング業界のサイコパスを今のところ2人知ってるんだけど、

彼らは上述したような虚偽性や衝動的攻撃性が非常に強くて、

不誠実で無責任でありかつ良心の欠如が著しいって全てに該当してるんだわ。

 

マッチメイク上やファイトマネーに関して嘘をつきまくって全く反省してなくて、

大きな金額と同じような感覚でボクサーの小銭まで巻き上げて、

女癖が悪いもんでまともな家庭生活を維持できてなくて、

心にもないお世辞を駆使して自分の立場を良くする為だけに他人を利用して、

やたら被害者意識が強くて他人の悪口ばかり言ってる人間で……。

 

 

サイコパスっていうのは脳科学的には元々病的要素を保有してる

ある意味気の毒な身障者なのかも知れないんだけど、

そいつのお蔭でいわれのないストレスとか迷惑をかけられて、

その上実害さえ負わされるっていうのは不合理だと思う方が強い訳で、

若干後ろ向きの共存は許容するにしても、個々のケースにおいては、

社会的抹殺も仕方ないんじゃないかって思いつつあるんだよね。

 

« 後楽園ホール・1月23日 | トップページ | 2月のボクシングスケジュール »