« 2016年年間ベストボクシング | トップページ | 12月度ランキング »

2017年1月10日 (火)

1月度ボクシングスケジュール

 

Img_0971

「エーッと、今月はどの試合を見に行くかなあ……。」

 

 

 

明後日からのボクシングや週末の競馬と同じように、

地球とか宇宙の行く末にも興味が尽きることがないんだよね。

 

ビッグバンから始まった宇宙の終焉に関する論議は様々あるんだけど、

それまで膨張の一途を辿ってた宇宙もいつの日か収縮が始まるらしくて、

ほんの一点に縮まった後、その存在の全てがビッグバン以前に戻るってことで、

要するに何も無かった状態に戻るっていう考え方が主流なんだよね。

 

何も無い状態っていうのは具体的にどういう状況なのかは想像もつかなくて、

何も無いっていう状態があるってことなのかなあって……。                   

ただ、そこに至るずっと前に太陽と地球との関係の中で、

地球が消滅してしまうことは間違いないらしいんだけどね。

 

自分らが経験し得べくもない地球や宇宙の終焉について思いを馳せるのは、

ナンセンスに近い遊びごとなのかも知れないんだけど、

ラチが明かないことを考えるのは意味がないとも思ってないんだわ。

 

最近では “相転移” っていう考え方も台頭してきてて、

それは今日明日に起こっても何の不思議もないってことで、

要するに現在の相(フェーズ)が突然別の相に転移するっていうことで、

自分らにとっての過去現在未来が一瞬のうちに消滅してしまって、

別の何かの過去現在未来に転移してしまうってことなんだわ。

 

地球が誕生して46億年、今の宇宙が始まって137億年ってことなんだけど、

この “相転移” っていうのは計算上100~200億年に一度起こりうるって事で、

だから今日明日にでもそれが起こっても何の不思議もないんだってさ。

 

30年以内の首都圏直下型や南海・東南海大地震が不可避らしいし、

それを乗り越えても別銀河からの大型隕石の飛来も有り得るし、

何とかそれを潜り抜けても太陽との関係で地球は確実に危うくて、

“相転移” っていうのはその先か手前の話なんだけど、

いずれにしても生物は死ぬ為に生きていて、

宇宙は消滅する為に存在してるってことには間違いないんだよね。

 

 

 

例年通り1月はユックリスタートのスケジュールで、

今のところ6ボクシングを予定してるんだわ。

他では沖縄で1ボクシングあるだけで、

関西方面はいつものようにまだ冬眠中なんだよね。

 

 

≪1月度ボクシングスケジュール≫

*左側が勝者予想、敬称略。

 

・1月 8日………(沖縄)

翁長吾央、荻堂盛太。

 

 

・1月13日………(後楽園)

チャールズ・ベラミー×別府優樹、齊藤裕太×高橋竜也、橋口雄斗×今井勝典。

 

 

・1月14日………(後楽園)

井上岳志×渡部あきのり、福本祥馬×福山和徹、奥村健太×澤田京介、

市川雅之×佐宗緋月、馬場一浩×竹内護、大谷広忠×工藤啓太。

 

 

・1月17日………(後楽園) ルーキーズ・トーナメント

内藤未来×三船世翔、江澤宏之×伊藤敏。

 

 

・1月23日………(後楽園) C級トーナメント

諏訪佑×田中利弥、坂田尚樹×ライダー・ヒロ。

 

 

・1月28日………(プエルトリコ)

帝里木下×マックジョー・アローヨ。

 

 

・1月30日………(後楽園)

木村隼人×高橋竜平。

 

 

・1月31日………(後楽園)

荒川仁人×アンソニー・サバルデ、岩井大×山口翔太、中野敬太×岡本ナオヤ、

川崎真琴×合田剛士、田中教仁×高橋悠人。

 

 

 

≪1月ボクシング期待度ベスト15≫

*左側が勝者予想、敬称略。

 

① 荒川仁人×アンソニー・サバルデ

② チャールズ・ベラミー×別府優樹

③ 奥村健太×澤田京介

④ 井上岳志×渡部あきのり

⑤ 木村隼人×高橋竜平

⑥ 齊藤裕太×高橋竜也

⑦ 田中教仁×高橋悠人

⑧ 福本祥馬×福山和徹

⑨ 諏訪佑×田中利弥

⑩ 川崎真琴×合田剛士

⑪ 中野敬太×岡本ナオヤ

⑫ 大谷広忠×工藤啓太

⑬ 市川雅之×佐宗緋月

⑭ 岩井大×山口翔太

⑮ 橋口雄斗×今井勝典  

        

 

« 2016年年間ベストボクシング | トップページ | 12月度ランキング »