« テレビボクシング(座間)・9月4日 | トップページ | 後楽園ホール・9月10日 »

2016年9月 7日 (水)

日記 (9/7)

 

Image

 

“鋼の錬金術師”

 

アニマックスは “ドラゴンボール” とか “こち亀” の再放送はよくやってるんだけど、

“鋼の~” はかなり遠のいてるんだよなあ……。

 

 

自分の子供時代に “おそ松くん” って漫画があってアニメ化もされたんだけど、

あるアニメチャンネルで “おそ松さん” ってのをやってて、

成人した六つ子の日常が描かれてるんだけど知ってる?

 

 

 

ブルース・ウィリス主演の映画で “Lastman Standing” っていうのがあるんだけど、

映画そのものよりも、この “Lastman Standing” って言葉自体が自分は大好きで、

要するに勝利者ってことなんだけど、そのままを訳すと、

最後に立ってるヤツってことになる訳で、

試合に臨むボクサーの心意気みたいなモノが伝わってくるんだわ。

 

 

 

海ガメは80年ほど生きるんだけど、

大人になるのはおよそ1,000匹に1匹くらいでしかないんだってね。

 

卵からかえった子ガメ達が一斉に波打ち際までを急ぐ中、

その時期を見計らって集まった鳥たちの餌食になることも多いし、

海中に逃げ切ったと思った途端に大型魚にひと呑みにされてしまうんだよね。

生きてるっていうことはほんの偶然にしか過ぎないのかも知れないなあ。

 

 

 

作曲家兼ピアニストのリストが作った曲で、

“ラ・カンパネッラ” っていうのがあるんだけど知ってる?

 

リストはとても手がデカイ上に抜群のテクニシャンで、

これをちゃんと弾けないヤツは一流じゃないってちょっと嫌味な気概で作った

超絶技巧練習曲なんだよね。

 

ウクライナの女性ピアニストのヴァレンティーナ・リシッツのもいいんだけど、

この間テレビで見た英国BBC主催のコンサートでの辻井伸行が

ホントに超絶で鳥肌が出るほどだったんだよね。

 

演奏者にとって楽譜っていうは音の確認っていう意味合いよりは、

そこここに書き込まれた演奏上の本人的な留意点チェックこそが重要なんだけど、

全盲の彼にはそれも叶わなくて、

全く鍵盤が見えてない中、全てが頭の中にあるっていうのが驚異的なんだわ。

 

音域が離れてる上の超スピードの曲だっていうのに、

88鍵全ての微細な距離感を完全に把握してるっていうのも正に神業で、

聴衆は無論共演者達の視線さえ釘付けにしてて、

天才っていうのはホントにいるんだって痛感したんだよね。

 

 

 

今日は朝から天気が微妙で空は東へ行くほど黒く淀んでて、

って思ってたらザーッと降ってきたんだわ。

こうなるとチャリもゴルフの打ちっ放しも出来ない訳で、

昨日見た “清州会議” に刺激されたもんでまた “徳川家康” の一日だな。

 

 

 

« テレビボクシング(座間)・9月4日 | トップページ | 後楽園ホール・9月10日 »