« 10年前のボクシング | トップページ | 後楽園ホール・5月29日  »

2012年5月28日 (月)

国歌

 

自分とこの9鉢のサツキ、今年は樹勢を強めたいと思ってて、

あまり花咲かせないような処置してたんだけど、完璧にはいかなくて、

みんなそこそこ花付けてしまったんだけど、そうなったらそうなったで、

そりゃ綺麗なもんで、外出しない時なんか、一日4~5度ほど眺めてしまうんだよね。

 

9鉢全部がそれぞれ違う品種で、それぞれ名前が付いてるんだけど、

自分、そういうのには全く興味が向かわなくて、ただの素朴な鑑賞者なんだよね。

花弁の大きさとか、形状とか質感とか、それに色んな色咲き分けするもんで、

奥さんなんか、もっと咲かせればよかったのになんて言うんだけどね。

 

MLBってのは、毎試合ごとに国歌斉唱から始まるんだけど、

ボクシングの試合でも良く流されるもんで、ホントはどんなこと言ってるのか、

アメリカ国歌について、この際調べてみようと思ってね。

ついでにメキシコ国歌もエライ長いもんで、一体どんなことになってるのかとかもね。

 

 

アメリカ国歌ってのは、“星条旗よ永遠なれ” って副題付いてるんだけど、

通常は一番だけが歌われるんだけど、実は四番まであるっての知ってた?

その一番を和訳してみると……。

 

 

≪星条旗よ永遠なれ……一番≫

君には見えているだろうか、

夜明けの薄明かりの中、我々が誇り高く声高に叫びぶのを、

危難の中、城壁の上に雄々しく翻る太き縞に輝く星々を、

 

砲弾が赤く光を放ち、空で炸裂する中、我々の旗は夜通し翻っていた

自由の地、勇者の故郷の上に、星条旗はまだたなびいているか

ってことで、最後の “And the star spangled banner in triumph shall wave,

O'er the land of the free and the home of the brave” ってのは、

四番までの歌詞の最後に必ず繰り返される所謂サビなんだよね。

 

 

次にメキシコ国歌なんだけど、これはまあ恐ろしいほどの長さで、

全部通すと何と十番まであって、ここでは便宜上一番と十番を書いておきますね。

 

 

≪メキシコ国家……一番≫

おお祖国よ、神々しい天使長がオリーブの平和の葉で汝を包み込み

神の御手により綴られし汝の永遠なる定めを忘れるな

汝の地を踏み汚す異国の敵現れしときは、最愛なる祖国よ、思い起こすのだ

天界は汝の子等全てを兵士として授けたことを

 

 

≪同……十番≫

祖国よ!祖国よ! 汝の息子等は汝の名誉の為に息づかんことを誓った

招集ラッパが戦いの時を告げ、果敢なる奮闘を求めた

汝にオリーブの花冠を!

彼等に栄光の記憶を!

汝に勝利の月桂樹を!

彼等に名誉ある墓を!

 

 

 

アメリカにしろメキシコにしろ、国歌っていうのは、多かれ少なかれ、

その国家の成立の過程と精神を記してて、それはつまり殆どの場合、

戦いによって勝ち取った国家とか国土を忘れるなってこと歌い上げてるんだよね。

 

 

それらと比べての日本国歌 “君が代” は、まずその短さに驚かされるんだけど、

内容そのものも、国家成立の経緯を歌い上げるって言うよりは、

天皇をその象徴として、国家を平和に維持しようとする意志が見られるんだよね。

 

君が代は、千代に八千代に

さざれ石の厳となりて、苔のむすまで

 

って、たったこれだけだもんね。

元々、平安時代の905年、古今和歌集に載せられた和歌だったものを、

明治維新後の1880年にメロディーが付けられたんだってね。

自分ら、ガキの頃から学校の入学式や卒業式で普通に歌わせられたんだけど、

“君が代” が正式に日本の国歌と決められたのは、驚いてしまうんだけど、

今からたった13年前の1999年なんだよね。

それまでは、みんな、なんとなくズルーッと歌ってたんだよね。

 

 

歌詞の意味を、この治世の平安が長く続きますようにって解釈もあるんだけど、

基本的には天皇陛下の長寿を願う歌っていうのが、そもそもの始まりなもんで、

天皇制に反対する教師連中が、卒業式なんかでの国歌斉唱を拒否する、

ってことにも繋がってるんだけどね。

 

歌詞の中の “君”は、だから天皇って解釈するのが元々妥当なんだけど、

同時に、現世の安泰が長く続くようにって意味を加えてもいいんじゃないかって、

自分そう思ってるんだけどね。

 

で、この幸せな世の中が数千年も続くように、

今は小石であるものが、時代を経て大いなる岩となって、

神々しいその側面に苔が生えるまで延々と続くように

ってことになるんだよね。

 

それにしても、外国の国歌と比べて、かなり趣が違ってるんだよね。

 

 

 

今日、これから午後、秋葉原行ってパソコン買ってこようと思ってんだわ。

もう5~6年ほど使い込んでたんだけど、やっぱりVISTAはダメで、

いきなり違うページへ飛んでしまって、文章が消えてしまったり、

いつまで経ってもおかしな変換するし、(これはWordの問題?)

最近では、その変換さえも拒むようになって来てるし……。

 

i-phone や i-pod 使ってるし、今度はMacにしようかとも思ってて、

少し高いけどそれくらいは奥さん、何とかしてくれそうではあったんだけど、

このブログの読者さん達が使ってる端末OS調べてみたら、

Windows が42%、Linux 29%、Mac 28%、その他1%ってことになってるし、

これまでWindowsに使い慣れてるし、それだとSafari も Explorer も使えるし、

Windows7、なかなかいいOSだって聞いてるし、

自分、パソコンに画像処理やCADを期待してる訳でもないし、

もうこうなったら、いっそのこと消耗品扱いってことで、

DELLとかHPでもいいかなって、今はそう考えてるんだけどね。

 

« 10年前のボクシング | トップページ | 後楽園ホール・5月29日  »