« 後楽園ホール・4月10日 | トップページ | 後楽園ホール・4月17日 »

2012年4月17日 (火)

日記 (4/17)

                                                         

秒速8,000m以上の速度が得られないと、ロケットっていうのは大気圏突破して、

衛星を軌道に乗せるってことはできないんだってね。

                                                         

地球の自転は東方向に秒速400mあるから、だから、加速を稼ぐためには、

ホントは東方向に打ち上げるのが正解なんだけど、

日本の上空方面に打ち出すとなると、打ち落とされる可能性あるもんで、

北朝鮮は南に打ち出したんだけど、これで3回、全部失敗に終わったんだよね。

                                                             

パトリオット3(PAC3)でホントに打ち落とせるのか見たかった思いもあったんだけど、

気になったのは打ち上げの連絡ミス、目を覆うばかりで、大丈夫かあ感強かったなあ。

                                                        

それにしても、地球の自転秒速400mってのが、今更ながらの驚きで、

自分ら、時速1,440㎞で動いてる地面の上に普通に立ってるってことなんだよね。

振り飛ばされもしないで、眩暈さえも感じないし、不思議なんだよね。

                                                          

そもそも、地球が太陽の周りを延々周回してる原動力って何なの?

なおかつ、それぞれが自転してるその原動力って何なの?

それぞれの回転速度、上がりもしないし、落ちもしないのは何故なの?

って疑問が頭から離れないもんで、今度調べてみようね。

                                                              

それにしても、金正恩って、雰囲気的に何となく池田大作に似てるね。

福々しいと言えないこともないけど、国民はみんなガリガリに痩せてるのにね。

                                                            

                                                          

どうしてあんな、不細工デブにのっ込んでいったかなあって思う3人のオッサン達、

結局練炭で殺されてしまったみたいなんだけど、それ直接証拠なかったもんで、

結局、状況証拠だけで、死刑に追い込むって、多少問題残したんだけど、

あんな感じの被告だと同情買いそうになかったもんなあ。

                                                          

                                                       

8回迎えて1-1だったとはいえ、ノーアウト1塁で、4番の阿部に送りバントって、

そういうジャイアンツの野球というか、今のプロ野球ってのは余りにも情けなくて、

全く男の勝負にはほど遠い、チマチマやってるオママゴトにしか見えなくて、

あんなんで億単位のカネ貰ってるっていうの、納得いかなかったなあ。

バントした時点で即チャンネル変えたけどね。

                                                          

                                                          

AIJ投資顧問関連の連中の国会証人喚問、ずーっと見てたんだけど、

才覚あったのかも知れないんだけど、基本的には小心者の目付きだったし、

目の色がいかにも怪しげというか、言い訳にもなってないこと自覚してるような、

そんな情けなさに溢れてて、この後の刑事訴追恐れてるとしか思えなかったなあ。

                                                            

それでも、こいつらのやってきた、人からナケナシの金かすめ取る行為っていうか、

それが原因で、積立金不足で倒産まで追い込まれてしまう企業の事考えると、

その小賢しさは許し難いんだよね。

リーマンブラザーズの連中に対してと同じようなムカツキ感じたんだよね。

                                                                                                                     

    

春、春、春ってことで、安行の植木屋とか園芸センター巡りしたんだわ。

樹木系の新芽の色、見てるだけで心休まったし、春の草花一気店頭出しってことで、

職人達の動きにも活気あったんだよね。

                                                           

自分、多少ひねくれてるせいか、いかにもって感じの綺麗な花々には興味いかなくて、

やっぱりカズラ系の新芽の出てるとこが堪んないんだよね。

                                                         

                                                            

セロニアス・モンクってのは、今聞いても一風変わったジャズ・ピアニストで、

普通だと、その音じゃないだろ、そのタイミングじゃないだろってのばかりで、

フェイクというかフェイントの嵐で、とっても刺激的なんだよね。

                                                            

WOWOWでやってたのは、ソロだったんだけど、

この人が入ったコンボでの演奏は、どうしてもある種の緊張感漂うもんで、

レコード会社の都合で、共演せざるを得なかった時のマイルス・デイビスなんか、

俺がソロの時はバッキングしないでくれって、露骨に嫌ってたんだよね。

それにしても何だろね、この刺激的で微妙な不安定感っていうのは……。

                                                            

                                                            

昨日G+で、ボクシング見たんだけど、予想通りの帝拳勢の全勝って事で、

あんな豪華メンバーなのに、北板席以外は随分空いてたみたいだったね。

正面リングサイドに土屋修平さんとコーチ義人君が並んで見てたね。

                                                            

                                                            

濱名潤君、構えたとこ、ちょっと三浦隆司さんに似てるんだけど、

腕っ節の割に思いの外パンチ軽かったし、そもそもいつもより動き悪いというか、

この日は何か体重そうな感じだったなあ。

                                                           

相手の丸岡航平君、接近戦になると元気モリモリなんだけど、

基本的にはブン廻し系の大まかファイターなもんで、戦法限られてしまって、

最後は頭突っ込みゴリゴリ大作戦に終始してたなあ。

                                                            

濱名君、いつもよりアイデア不足の中途半端ボクシングだったんだけど、

丸岡君クラスには、それでも充分だったみたいで、1~3P差の3-0勝ち。

                                                             

                                                            

次の試合の水貝和弘君、試合開始ゴング鳴った直後のグローブタッチざま、

事前の作戦みたいな、いきなりの、そういうのどうなのって感じの右ストレート、

そういう方法でも取らないと、10勝(9KO)1敗の横山雄一さん相手には、

とっても無理そうな7勝9敗なもんで、仕方なかったのかも知れないんだけど、

見てて、必ずしも気持ち良くなくて、交わしざまに横山さんの左フック一発直撃されて、

1R、僅か11秒で終わった時には、正直、ザマ見ろって感じしてしまったんだよね。

                                                           

                                                          

村瀬将司君は、もつれ合った時に被せ打つような右フックがいいんだけど、

基本的には単純なワンツーだけだし、尾川堅一さんの相手としては、

明らかなスピード不足、テクニック不足は否めなくて、尾川さん、余裕余裕。

                                                             

結局村瀬君、3R、ボロクソ打たれ込んだ後の左フックで終わったんだけど、

尾川君の方も、途中途中での合せるタイミング、微妙にズレてたと思うんだよなあ。

                                                           

                                                           

外園隼人さんの相手、デニス・パドゥアっての、出てきた途端のトロ過ぎで、

こりゃ、すぐ終わるぞって途端の1R、1分過ぎ、右フックでダウン喰らって、

リスタートした時は全くの戦意喪失、お願いもう止めて下さいポーズだったなあ。

                                                            

                                                             

あんまり早い進行だったもんで、予想通りの中ダルミ。

                                                        

亀海喜寛さん、結局9RTKO勝ちだったんだけど、正直、時間かかり過ぎだったなあ。

相手のアルフレッド・チャベスってのが意外に打たれ強かったせいもあったんだけど、

亀海さんも、相手に合わせ過ぎだったし、早く終わらせようとはしてなかったみたいで、

そもそもこの日の亀海さん、やっぱりウェルターは厳しいのか、動き緩慢だったし、

パンチのキレ、信じられないほど無かったんだよなあ。

                                                              

                                                             

下田昭文さんも、3勝2敗ペース、KO率24%の相手に対して、時間かけ過ぎで、

10R、やっとこさのTKOエンドだったんだよね。

                                                             

途中、左ストレート3発ほど、真っ芯直撃させてたのに、相手グラッともしてなくて、

今までだったら、あれ一発で相手倒してたんだけど、どうしたのかなあ、

あれで倒れないのかって、そこが一番衝撃だったんだわ。

                                                             

相手のナンチャラ・ゴンザレスってのが、八王子中屋ジムの会長に風貌が似てて、

試合中、そっちの方が気になって、気になって……。

                                                          

                                                             

全試合生中継だと、わざわざホール行かなくて済むし、寝転びながらでも見れるし、

途中、トロックサイTV進行休みあっても、全く問題ないもんで、いいんだよね。

                                                          

                                                            

内田正一さんがインスペクターやってた頃、

試合が始まる前のほんの少しの時間、殆ど毎回、話してたんだよね。

何故か自分には、「いらっしゃい」 って話し掛けてくれたんだけど、

もう既にレフェリーやってた頃の、キビキビ動きとはほど遠くなってて、

如何にも足腰弱ったトボトボ歩きで、それでも例のギョロッとした目付きしながら、

色んな事話してくれたんだよね。

73才ってことなんだけど、御苦労さま、お疲れさんだよね。

                                                        

                                                             

今日は、中6日振りの後楽園ホールで、新人王予選。

堀口立君、勅使河原弘晶君、宮坂航君、小池信伍君、久我勇作君達の活きのいい、

パフォーマンスが楽しみなんだよね。

                                                           

« 後楽園ホール・4月10日 | トップページ | 後楽園ホール・4月17日 »