« 11月のボクシング | トップページ | 後楽園ホール・11月2日 »

2010年11月 1日 (月)

10月注目カードの反省会

アニメ、よく見るんだけど、最近、特に気に入ってるのは、“ハンター×ハンター” と、

“のだめカンタービレ” なんだけど、その “のだめ” は、シリーズⅠがパリ編に移って、

アニマックスとは別に、フジTVTWOで、“ファイナル” ってのもやってるんだけど、

その “ファイナル”、視聴率良くなって予算沢山取れるようになったのか、

オーケストラの演奏場面での動画が圧倒的に増えてて、

それまでは、静止画がとても多かったもんで、驚いたなあ。

                                                           

                                                          

以前、10月の注目ボクシングカードベストテン書いたんだけど、

その結果というか、期待感との格差もあったし、

自分的に面白かった試合のベストテンを改めて書いておこうと……。

                                                           

【10月の注目カードとコメント】

                                                  

① 亀海喜寛さん×ホセ・アルファロ

  途中から亀海さん余裕で、アルファロ、劣化というかピーク過ぎた感じ。

  亀海さん、まだまだ引き出し持ってると思ってるし、

  目付きの本気さも、実は、伊藤博文さん戦ほどじゃなかったんだよなあ。

                                                             

② 天笠尚さん×東上剛さん

  大好きなボクサー同士なもんで、複雑な気持ちで見てたんだけど、

  二人とも、ホント期待通りのパフォーマンスで、心の中が熱くなったな。

                                                         

③ プ―ンサワット・クラティンデーンジム×李冽理さん

  正直、どこまでやれるのかって気持ちも、片隅にあったんだけど、

  最後まで、自分の目指したボクシングをやり通したってのに感激したな。

  李さんってのは、色んなリズム感と距離感持ってるボクサーで、

  で、どんなタイプを相手にしても、水準超えたボクシング、できるんだよね。

                                                           

④ 井岡一翔さん×瀬川正義さん

  井岡さんが、あんなに巧くて、強いと思わなかったなあ。

                                                           

⑤ 西岡利晃さん×レンドール・ムンロー

  ムンローの予想外の頑張りが、結果的に試合を盛り上げたと思ってるんだけど、

  それにしても、西岡さんの集中と踏ん張りとか、全く手抜きしないで、

  最後まで、全力尽くして、一生懸命な姿、感動的だったなあ。

                                                                

⑥ 山中慎介×ホセ・シルベイラ

  シルベイラが全くの期待外れで、世界14位ってのはこんなもんなのかって……。

                                                          

⑦ ホルヘ・リナレス×ヘスス・チャベス

  チャベスの終わりに立ち会えたってことだけだな。

  あんな姿さらすまで、ボクシングやっちゃいけないっていうことで……。

                                                          

⑧ ファン・カルロス・レべコ×ローマン・ゴンサレス

  レべコっていうのは、ゴンサレスのこと全然知らないのか、

  っていうような試合ぶりだったな。

                                                           

⑨ 大内淳雅さん×田口良一さん

  二人とも良く知ってる、御贔屓ボクサーなもんで、静寂観戦だったんだけど、

  勝負の山というか、ウネリが幾度も二人の間を行ったり来たりしたもんで、

  戦いの行方を見るだけでも、とても面白い試合だったな。

                                                            

⑩ 涼野康太さん×石川昇吾君

  石川君の工夫足りないボクシング、ちょっと不満だったなあ。

  涼野さん、とっくに10年越えてるキャリア持ちだし、30戦以上やってるし、

  そりゃ、負け数も多いけど、相手、三浦数馬さんとか、渡邉一久さん、

  阿部元一さん、塩谷悠さん、宮田芳憲さん達だし、

  Fe級での踏み絵というか、試金石的ボクサーなんだよなあ。

                                                          

                                                        

【10月の試合、ベストテン】

                                                  

① 西岡利晃さん×レンドール・ムンロー

② プ―ンサワット・クラティンデーンジム×李冽理さん

③ 天笠尚さん×東上剛さん

④ 大内淳雅さん×田口良一さん

⑤ 井岡一翔さん×瀬川正義さん

⑥ 木村隼人さん×モービル・マーチン

⑦ 板垣幸司さん×村中優さん

⑧ 亀海善寛さん×ホセ・アルファロ

⑨ 野崎雅光さん×がんばれ将太君

⑩ 細川バレンタインさん×鈴木哲也君

                                                       

                                                     

ツラツラ考えてみたんだけど、自分にとってのボクシングっていうのは、

当事者達には申し訳けないんだけど、

世界戦も4回戦も、殆ど同じ価値だっていうことが、最近分かったな。

                                                         

リング上で、一生懸命にやってないボクサーなんか、いないと思うんだけど、

ただ、当たり前の頑張りだけで、人を感動させるってことは、それは無理な話で、

度を超えた一生懸命さが伝わってきた時、人は感動する訳で、

それが、テクニックに表現されてるのか、気持ちに溢れてるのか、ってことで……。

                                                         

そんな試合は、世界戦にも勿論あるし、

っていうか、レベルの高い試合ほど、感動が多いのが現実なんだけど、

実は、4回戦にも、デビュー戦ででも見つけることができるもんで、

そういう意味で、世界戦も4回戦も同じ価値だって思ってるんだよね。

                                                                                                             

昨日のニューズで、モルジブのことすっぱ抜かれてたけど、見た?

南海のリゾートに憧れて、観光に行ったり、結婚式挙げる人達多いんだけど、

そこでのスイス人の挙式の様子がビデオに撮られてたんだけど、

立ち合った司祭が、現地の言葉(イスラム語?)で喋ってるんだけど、

それ、祝福とはかけ離れて、こんな結婚は合法じゃねえ、

お前ら、このブタ野郎とか、もうヒデエんだわさ。

                                                         

大統領がスンマセンなんて謝ってたけど、

お前ら、心に思ってても、そんなこと口に出すなよなあってとこだろうし、

元々、あそこはイスラム圏なんだから、異教徒に心狭いこと、この上ないの常識だし、

そんなとこへ、最近の若い連中、良く行くなあって思ってたんだけど、

ニコニコ笑いかけられながら、このブタ野郎、なんて言われてたの知ったら、

アッタマ来るだろうなあ。

                                                          

« 11月のボクシング | トップページ | 後楽園ホール・11月2日 »