« 後楽園ホール・2月1日 | トップページ | やっぱり、謙虚さだと思うな。 »

2010年2月 4日 (木)

何か、書け!

ブログ更新しないと、今日は書かないのかって、知人から連絡入ること多くて、

こっちは、ノルマでやってる訳じゃないもんで、そりゃ、何か書けないことないけど、

音楽や競馬の話、続けても、お前ボクシングネタじゃないのかって事になるし、

ホームレスネタ、やたら続けても、気が滅入るんじゃないかって、

こっちだって、気使ってんだからさあって、答えると、

あんたのは、朝刊のマンガみたいなもんだから、無いと調子狂うんだからさあ、だと。

そおかあ、朝刊のマンガかあ……。

                                                        

で、今日は、ちょっとホームレスっぽいネタから、ボクシングっていう流れで……。

                                                          

昨日の帰りの電車の中、自分の向かい側の座席に、70才越えたような、

一見して、ホームレスって分かるジイさん、だらしなく、寝こけてて、

そいつ、ドアの片側分まで、小汚いバッグやビニール袋広げて、

そいつ、やたら汚くて臭くて、で、この寒いのに、誰か、窓開けて風入れてんだわ。

                                                       

駅着く度に、乗り込んでくる客、そいつの隣、空いてるもんで、

思わず座ろうとすんだけど、おおおって、飛び退くんだけど、

東京駅で乗って来たオバサン、思いっきり顔しかめながら、顔そむけながら、

それでも、ヤツに密着して座ったのには、タマゲタな、凄いね。

                                                       

そいつ、髪の分け方やら、ピンストライプのスラックス、メガネなんか見ると、

以前は、まともな仕事してた面影あるんだけど、白いアディダスはウンコ色だし、

ボロボロのダウン、あちこち破れて、ひどいことになってるし、とにかく汚いんだわ。

                                                          

自分でも情けないだろうし、他人に迷惑かけてる自覚もあるんだろうし、

それでも、生きていくかなあ? ってシミジミ思ったんだよなあ。

                                                         

まともな生活から、一気にああなったら、ショックで死んでしまうんだろうけど、

徐々に徐々に、落ちていくと、感度鈍っていくのも、ユックリユックリなもんで、

水の中に入れたカエル、そのままユックリ弱火で加熱していくと、

最後、そのまま茹であがっちゃうっていうのと、同じなんだろうなあって、思ったな。

                                                          

幸福に慣れてしまって、感謝を忘れてしまうのは、何としても避けたいけど、

不幸には、慣れてしまった方が、辛くなくなるんだよなあ、って思ったな。

だから、世の中のホームレス達、思いの外、自殺しないんだと思うな。

                                                         

それから、夜、NHKテレビで、高齢犯罪者のことリポートしてたんだけど、

ヤツら、出所しても、仕事ないし、住むとこないもんで、またまた犯罪犯して、

何度も刑務所に舞い戻って来て、これで、寒さしのげて、衣食住OKで、

足腰立たないのは、車椅子に乗せて貰ったり、介護まで受けて、

83才にもなって、もう19回目の刑務所で、お前、ローリングストーンズかってことで、

それでも、140円盗んで、またわざと捕まって、それでも、あんた、まだ生きたいの?

                                                       

シャバに出ると、再犯の可能性高いもんで、福祉施設に入れて貰って、

もう、感謝、感謝ですわあって、ホント、これでいいのかなあ……。

どうしょうもないヤツら、お前ら、ホントしょうがねえなあって、

社会の余裕で、助けて上げるの、反対じゃないけど、

犯罪犯すこともしないで、ひたすらホームレスやってる連中、立場ないよなあ。

                                                       

普通のブログは、せいぜいこのくらいで終わるんだけど、

自分のは、言ってる事、下らない割には、

読み通すのにホント、覚悟いるほど長いもんで、

気の短い人や、日本を動かしてるような多忙な人達には、全く不向きで……。

                                                         

ここから、今日は、黒木健孝さんのこと、書いてみるね。

                                                        

黒木さん、3月27日、オーレイドン呼んで来て、タイトル戦やるんだけど、

自分、個人的に、何としても勝って貰いたいもんで、彼、ホントいい性格してるし、

もう大好きなもんで、2ヶ月後のために、密かに作戦練ってみるね。

                                                        

◆黒木健孝さん(ヤマグチ土浦)

28才、160㎝、サウスポー、23勝(15KO)3敗1分、長崎県出身。

                                                       

◆オーレイドン・ナンチャラ(タイ)

24才、158㎝、サウスポー、33勝(12KO)無敗。

                                                          

オーレイドンってのは、タイ以外で試合したことなくて、要するに引きこもりで、

で、33勝無敗ってのも、そんなに恐れる数字じゃなくて、相手大したことなくて、

2007年に、オマール・ソトに、やっとこの2-1判定で勝ってから注目されて、

同年11月、タイトル初挑戦で、イーグルに3-0勝ちしたんだけど、

この時のスコアも変にばらついてるし、今一つ、絶対王者っていう感じじゃないんだわ。

それに、あれから2年も経ってるしね。

                                                          

一方の黒木さん、3敗は、デビュー戦の0-2負け、和賀寿和さんにKO負け、

それに、あの辻昌建さんとの0-3負けなんだけど、

その辻さんの為にも、黒木さん、絶対、負ける訳にはいかないんだわ。

                                                           

辻さんの後、小川利樹さん(このボクサーも好きだったなあ。)に3-0勝ちして、

そこから、このクラスにしては、驚きの、驚異、驚愕の9連続KO勝ちして、

2007年、三澤照夫さんから、日本タイトル奪ったんだわ。                                                      

そう、オーレイドンが、タイトル獲った時と、ほぼ同時期、黒木さんも、だったんだわ。

                                                         

ヤマグチ土浦ジム関係者、とっても有能で、でなければ、

あんなに次々優秀なボクサー育てられる訳ないんだけど、

だから、もうとっくに、作戦立ててるんだろうけど、自分、敢えて言うね。

                                                          

オーレイドン、まず、ガード高く構えてくるからね、そして、接近戦からの左フック、

これは極上だから、これだけ注意してね。

黒木さん、一方的な接近戦許さないだけの、フットワークあるから、

そんなに心配してないけど、ヤツ、ポイント取るの巧いからね。

                                                       

KO率36%っていうのは、このクラスとしては、普通で、黒木さんの56%っていうの、

相手、怖がってると思うから、ガード高くして、ガッチリ守って来ると思うけど、

だから、黒木さん、最初のうち、右アッパーは、ボディ狙いで、ドンドンボディで、

ガード下がったとこ、ほら、例の必殺左ストレート、ブチ込めば、いいんだわ。                                                       

ああああーっ、自分には、もう、カウントアウトのコールが聞こえるよ。

                                                        

ただね、黒木さん、2年前と比べると、正直、最近チョット、でしょ。

自分でも感じてるかも知れないけど、初めの方のラウンド、気を付けないと、

不用意な一発、喰らうこと多いから、ホント、慎重にスタートしてね。

それと、素早い動き大切だけど、無駄な動きになり過ぎると、

パンチの精度や強度、弱まってしまうから、くれぐれも気を付けてね。

引きこもりオーレイドン、日本に来るってだけで、ストレス満々だろうし       

これで、勝利は決まったね。

                                                       

こんな文章、黒木さん、読むはずないんだけど、読む必要もないと思うけど、

とにかく、自分としては、キッチリしとかなくちゃ、って思ったもんでね。

                                                         

« 後楽園ホール・2月1日 | トップページ | やっぱり、謙虚さだと思うな。 »